ペットボトルを使用するウォーターサーバーのおすすめ3選

自宅にウォーターサーバーがあれば便利かもしれませんが、設置の手間や費用、維持などを考えると、それほど必要なものではないという判断になってしまうことが多いです。特に掃除やタンクの水の補給などの維持する手間を考えて、導入が断念される傾向にあります。しかし、近年ではこの手間を解消する新たなウォーターサーバーも登場しています。話題になっているペットボトルを使ったウォーターサーバーとは、どのようなものなのでしょうか。

ペットボトルを使うウォーターサーバーとは?

ペットボトルを用いたウォーターサーバーとはどのようなものなのでしょうか。新しいタイプのウォーターサーバーの特徴について見ていきましょう。

ペットボトルサーバーと呼ぶ

ペットボトルを使用するタイプのウォーターサーバーは、ペットボトルサーバーと呼ばれています。ペットボトルサーバーの特徴は、なんといっても導入のしやすさにあります。従来のウォーターサーバーのような使い勝手の良さは残しつつ、自室への導入も簡単にできるという特徴があります。

市販のペットボトルを使用するウォーターサーバー

ペットボトルサーバーが人気な理由は、市販のペットボトルが使用できるという点にあります。通常のウォーターサーバーでは、専用ボトルに給水した上で使用したり、あるいは大型サーバーになると水道につなげて使用したりするのが一般的です。これに対してペットボトルサーバーでは、市販されているペットボトルの水をそのままサーバーへ装着できます。サーバーに給水する際に、ペットボトルから専用ボトルへと移し替える必要がなく、手間がかかりません。

導入費用が安くてランニングコストもかからない

ペットボトルサーバーの利点は、導入費用やランニングコストの安さにもあります。ペットボトルサーバーの価格は1万円から2万円前後となっており、買い切り型なので月額のレンタル料はかかりません。ウォーターサーバーをレンタルした場合にかかる費用は、安い物で月々2千円からとなっており、5千円前後の物などもあります。このようにコストに差があるため、年単位でサーバーを使用すると考えるならば、導入費用の安い方がお得と言えます。

ケトルと比較して温水がすぐに沸く

ウォーターサーバーを使用することの代替案としては、水はペットボトルからそのまま使用して、お湯が必要なときにはケトルで沸かすという方法が考えられます。この点についてもサーバーは温水がすぐに沸くという利点があるので、ペットボトルサーバーを導入してみるのも良いでしょう。

ペットボトルサーバーの使用がおすすめの人

ペットボトルサーバーを使用するメリットは多いですが、それでは具体的にどのような人におすすめなのでしょうか。日頃の生活習慣とペットボトルサーバーの利点について見ていきましょう。

冷蔵庫でお水を冷やす

日頃必要になる飲み水は冷蔵庫で冷やしているという人にはペットボトルサーバーがおすすめです。ペットボトルは意外と冷蔵庫のスペースを取ってしまうものですが、ペットボトルサーバーを使用していれば、サーバー内部で水を冷やしてくれるためスペースは取りません。また、冷蔵庫からペットボトルを取り出すという手間もありませんのでストレスなく水を飲めます。

ペットボトルのお水を買う

普段、水道水を飲み水にするのではなく、ペットボトルに入れられた水を購入しているという人にはペットボトルサーバーがおすすめです。自宅まで買い運んでいるのなら、ペットボトルサーバーを使用すればそこから先に手間はありません。もしも水道水を飲んでいるという場合は、ペットボトル入りの水を購入するところから始めなければならず、これを手間に思ってしまうかもしれませんので要注意です。

お茶やコーヒーを淹れるときにペットボトルのお水を使う

温かい飲み物を淹れるときにもペットボトル入りの水を使用するという人には、特にペットボトルサーバーがおすすめです。ペットボトルサーバーはお湯を沸かす手間がかかりません。ペットボトルの水をケトルに入れ、お湯を沸かすという手間がいっきに省けて楽ちんです。

ペットボトルサーバーのメリット

ペットボトルサーバーを使用することのメリットには、具体的にどのようなことが挙げられるのでしょうか。通常のウォーターサーバーとペットボトルサーバーを比較してみていきましょう。

ペットボトルのお水は持ち運び簡単

ペットボトルサーバーにて使用される水は、市販されているペットボトルに入れられているため、取り外しも持ち運びも楽に行えます。これに対して通常のウォーターサーバーの場合は、大きめなボトルに水が入っているため、取り外したり持ち運んだりすることが難しく、購入した水はサーバーでしか使用できず、汎用性に欠けるというデメリットがあります。取り外しと持ち運びという点を考慮すると、ペットボトルサーバーの方が汎用性が高く、使い勝手も良いと言えます。

ウォーターサーバーよりお水の注文が簡単

通常のウォーターサーバーは、給水する際にはメーカーに水を注文し、専用ボトルに入れられた水を宅配してもらう必要があります。そのため水が無くなったら注文する必要があるわけですが、これに対してペットボトルサーバーの場合は注文せずとも自分の好きなタイミングで給水することが可能となっており、注文の手間が省けます。購入したペットボトルの水をそのままサーバーへ取り付けるだけなので、宅配などの時間もかかりません。

みんなが選ぶ2L用ペットボトルサーバー3選

ペットボトルサーバーを実際に使用している人は、どのような点を考慮して評価しているのでしょうか。中でも特に高い人気を誇る2L用ペットボトルサーバーを3つご紹介します。

ニチネン おいしさポット


まずはニチネンから販売されている「おいしさポット」です。価格も1万円台前半とお手頃でありながら、サイズもそれほど大きくなく、部屋に設置しやすいのが特徴です。市販の2Lペットボトルを取り付けることができるため、普段から飲み慣れている水を飲めます。

口コミ情報

GAさん

市販されているペットボトルをそのまま設置できるので便利です。価格も安く、設置コストがかからないのも決め手になりました。またサーバー自体の大きさもそれほど大きくなく、設置時にはスペースを気にすることもありませんでした。お湯もしっかりと温かく飲みやすい温度になっています。

THさん

大きさが丁度良いです。ポットの代わりにこのペットボトルサーバーを置いて使用しています。ワンタッチでお湯もすぐに出せるので、ストレスが溜まりません。朝の時間帯は特にお湯を沸かすまでの時間が短縮でき、とても便利です。


>詳細はこちら

はぴねすくらぶ コンビニサーバー


はぴねすくらぶより発売されているコンビニサーバーは、省スペースと安さが特徴のペットボトルサーバーです。特筆すべきはその小ささで、場所を取らないのでどこにでも手軽に置けることが魅力です。卓上に置くことや小さな台の上に置くことなどもできます。市販のペットボトルをそのまま使用でき、ボトルの取り替えについても楽々と行えます。

口コミ情報

AAさん

他のペットボトルサーバーと比べて1万円という安さが魅力的でした。ウォーターサーバーを購入するのは初めてでしたので、あまり高い物を買うのはためらわれましたが、こちらのサーバーならば手軽に買えます。性能についてもしっかりとお湯が出ますし、スペースを取らないのも便利でした。
DHさん

1万円ぽっきりで買えてしまうサーバーということで、購入を決意しました。他のサーバーだと月額制だったりもう少し値が張ったりと、少々手を出しづらかったのですが、こちらのサーバーは安くて満足しています。お湯もすぐに出て、ケトルの代わりに使用しています。

>詳細はこちら

Toffy ウォーターサーバー K-WS


こちらのペットボトルサーバーは、スタイリッシュなデザインと機能性が重視されているサーバーです。大きさもそれほど大きくなく、部屋を選ばずに設置することが可能となっています。リビングや寝室に置いても景観を損ねることがなく、どこにでも置けるのが魅力です。

口コミ情報

RUさん

デザインが良いので購入してみました。市販のペットボトルをそのまま使用できるウォーターサーバーを買うのは初めてでしたが、予想以上に便利で大満足です。お湯もしっかりと出ますし、場所もそれほど取りません。リビングに置いて、お茶やコーヒーを飲むときに使用しています。
SMさん

シンプルなデザインが気に入りました。部屋に置かれている家具との色合いもマッチしていて満足しています。これまではケトルを使用しており、お湯を沸かすまで時間がかかっていましたが、ペットボトルサーバーを購入してからはワンタッチですぐにお湯が出るので手間が省けて助かっています。これほど便利なものだとは思ってもみませんでした。

>詳細はこちら

ペットボトルサーバーの注意点

ペットボトルサーバーは使いこなすことができれば非常に便利なグッズですが、使用目的や使い方によっては不便に感じてしまうかもしれません。それではペットボトルサーバーを使用する際には、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。

ウォーターサーバーが不衛生

まずは衛生面についてです。ペットボトルサーバーは機器内部の部品までお掃除することが難しく、不衛生になってしまいがちです。分解して部品を取り外した上でお掃除をするといったように大がかりな作業が必要となるケースが多いので、この点には注意しておきましょう。

これに対してレンタルタイプの大型ウォーターサーバーでは、自動でお掃除をしてくれる機能があったり、雑菌に強いサーバーなども登場していたり、メーカー側が定期的にお掃除をしてくれたりといったように、衛生面が考慮されていることが多いです。ペットボトルサーバーを購入する前に、お掃除のことも考えて選んでみると良いかもしれません。

水漏れしやすい

ペットボトルサーバーは、市販のペットボトルをそのまま装着できる手軽さがある一方で、取り替え時に失敗すると水が漏れてしまう可能性があるというデメリットもあります。しかし、ボトル内の水を始めに少しだけサーバーへ注いだ上で取り換えれば、水が漏れてしまうこともありません。使い始めの頃は取り替え時に手間取ってしまうかもしれませんが、慣れれば問題ありません。

冷水が冷たくない

ペットボトルサーバーの冷水の温度は概ね10度から15度程度となっており、それほど冷たくはないという点も注意しておきましょう。常温程度に維持できると覚えておくと良いかもしれません。夏場などには冷たい水を飲みたくなるものですが、そういった場合に思っていた冷水とは少し違う温度の冷水だと感じてしまう可能性があります。

まとめ

ペットボトルサーバーは、市販されているペットボトルをそのまま装着することが可能です。レンタルタイプの大型ウォーターサーバーと比べると、水を注文する手間が省けたり、スペースを取らなかったりといったメリットがあります。初めてウォーターサーバーを使用するという方には、ペットボトルサーバーを使用してみても良いでしょう。