ウォーターサーバーは高い?コストを抑える選び方のコツ

この記事の情報提供者
ウォーターサーバー販売員:YUMINさんさん(30)

ウォーターサーバーメーカーの販売代理店としてブースでの営業を主に行っていました。全国のショッピングやホームセンターの他、大型のイベントでも販売を経験し、毎月30~50台ほどのご契約をいただいておりました。ウォーターサーバーに関する知識だけでなく、販売経験を通じたお客様のニーズも含めて情報提供させていただきます!

ウォーターサーバーを家で使うとなると、サーバーのレンタル代金、お水のボトル代金、さらには電気代もかかります。コストが高いので使用するかどうか、躊躇する人もいるのではないでしょうか?ただウォーターサーバーはいくつも種類があり、コストも違ってきます。コストを抑えるには、どのように選べば良いのでしょうか?そのポイントをご紹介します。

ウォーターサーバーをやめるよくある理由は価格

ウォーターサーバーを止める理由としてはいくつかあります。お金を払って使うものなので、コスト面は気になる人が多いようです。実際にウォーターサーバーを使うとなると、いくつもコストは発生します。

電気代が高い

ウォーターサーバーは、お水を冷やして冷水にして、お湯を使うときはヒーターで温めます。通常は常に冷やしており電気は24時間使います。昔に比べるとウォーターサーバーの電気代は安くなってきましたが、それでも1ヶ月1000円程度、節電機能付きは500円程度の電気代が発生します。毎月これだけの電気代がかかるとなると、年間では万単位となるので無視できないコストです。どうしてもウォーターサーバーを設置すれば、お水を冷やしたりまたは温めたりするのに電気は使うので、電気代が高いということで止める人がいます。

水の購入ノルマが高い

実際に使うとなると、毎月ノルマのあるウォーターサーバーも多いです。月々12Lのボトルを、最低でも2本というようなケースがほとんどです。毎月のノルマがあると、配送されてくるボトルはすべて使って、お水は全部飲まないとなりません。飲まずに余れば、どんどん家にお水の入ったボトルが増えていきます。この毎月のノルマがクリアできず、止める人もいます。使っていないボトルが家に溜まっていけば、場所もとるので邪魔になるでしょう。

ウォーターサーバー販売員

【ひとことアドバイス】価格が原因で導入しない方の割合は?
体感としては2割程でした。導入を検討していたが辞められたというお客様の中で、価格が高いのを理由にあげる方はほとんどいらっしゃらなかったように思います。

その他のコストが高い

ウォーターサーバーを使うなら、電気代以外のコストも発生します。必ず発生するとは言えませんが、コストとしては初期費用、サーバー本体レンタル料、配送料、メンテナンス費用、本体交換費用などです。これらの費用がかかると、意外にも大きな金額となり、お財布に優しくなく止めてしまう人がいます。配送料など毎月発生するお金もあるので、月々で見ると意外にお金がかかる場合もあります。

ウォーターサーバーの電気代

ウォーターサーバーを使えば必ず発生するコストが電気代です。24時間サーバーに通電して使うのでそれなりの金額になります。実際にいくらになるか見てみましょう。

通常のウォーターサーバーは月1,000円

ウォーターサーバーの消費電力は、冷水で100W程度温水で400W程度です。24時間常にお水を冷やしておくので、ウォーターサーバーを設置したら24時間365日常に電気を使います。種類によっても若干違いますが、1ヶ月の電気代はおよそ1,000円程度になります。温水の方が電気は使うので、1ヶ月にどれぐらい温水を使うかで電気代は多少違うでしょう。ちなみに保温ポットを使っても、1ヶ月の電気代は900円ぐらいとなっており、比べてみるとそれほど違いはないです。

節電機能付きなら月500円以下

最近は節電機能付きのウォーターサーバーもあります。エコモードなどと呼ばれており、使用する電気を少なくしたり、保温効率を高めるなどして電気代を節約します。節電機能付きだと1ヶ月の電気代は500円程度です。節電効率の高いウォーターサーバーだと、1ヶ月400円程度の電気代になりさらに安いです。

ウォーターサーバー販売員

【ひとことアドバイス】みんな電気代についてどう感じている?
1か月にかかる電気代に関しても、高いと感じられるお客様はほとんどいらっしゃいませんでした。仮に1か月に1000円かかったとしても日割りで計算すれば1日あたり30円前後ですよね。日割り計算した結果をご覧になられると皆様そこまで高いという感覚は持たれていないようでした。

ウォーターサーバーと他のお水の料金比較

ウォーターサーバーでお水を飲むとなると、気になるのは他の売っているお水より高いか安いかの値段でしょう。毎日飲むお水なので、安い方が良いと思うものです。実際に値段を比べてみました。

ペットボトルのお水のほうが安い

ウォーターサーバーとペットボトル、どちらが安いかお水だけの値段で比べてみます。S社の2L×6本の12Lのペットボトルは1,490円です。C社のウォーターサーバーは、12Lで2,052円です。お水だけを見ればペットボトルの方が安いです。ペットボトルはお湯にするなら光熱費がかかります。しかし自分でお店まで買いにいけば、配送料はかかりません。ウォーターサーバーはお水代以外に、電気代、レンタル料金などかかります。総合的に見るとペットボトルの方が安いです。

シリカ水より安い

シリカはミネラルの一種であり、お肌の美容や髪のツヤなど美容をサポートする成分です。最近はこのシリカを含んだシリカ水のウォーターサーバーも登場しています。一般的な天然水やRO水のウォーターサーバーと比べると、お水の値段だけを見ても、全体的にシリカ水の方が高いです。一部安いメーカーのウォーターサーバーもありますが、天然水やRO水の方が安い場合が多いです。シリカ水は、含有量が多い方がお水の値段は高くなる傾向にあります。

ウォーターサーバーにかかる諸経費

ウォーターサーバーは、使用すると送料やレンタル代など諸経費がかかります。無料のメーカーもあるので、事前に有無を確認した方が良いでしょう。

お水の送料の有無を事前に確認する

お水の配送方式には、ワンウェイとリターナブルがあります。ワンウェイは家庭にお水を届けた後各自ボトルを処理する方式リターナブルは使用したボトルを配送業者が回収します。どちらも自宅まで配送するときに、送料が発生します。送料は1本数百円程度するので、毎回コストとなれば大きな金額です。最近は送料無料というメーカーも多いので、ウォーターサーバーを利用する前に送料がかかるか確認しましょう。送料となると、北海道や沖縄など関東や関西から遠い地域ほど高い料金となるので、送料が無料と発生するのでは大きなコストの違いになります。

マシンのレンタル代は有料・無料がある

ウォーターサーバーは、お水の他にサーバー本体も使います。サーバーのレンタル料金が発生し、1ヶ月にいくらとかかります。こちらも毎月かかるので、年間だと大きな金額です。ただマシンのレンタル料金も無料というメーカーが多くなってきているので、事前に確認しましょう。またマシンのレンタル料金の他に、数年使うなら定期的にサーバー本体の交換となり、交換費用も発生します。こちらも無料にしているメーカーがあるので、確認すると良いでしょう。

ウォーターサーバー販売員

【ひとことアドバイス】サーバーのレンタル代が有料の場合と無料の場合のメリット
レンタル代がかかるメーカーのウォーターサーバーは、レンタル代というランニングコストがかかるのがデメリットですが、レンタル代にサポート費とされる保証料が含まれていることがほとんどなので本体の故障時には無償で本体交換に応じてくれることがメリットですね。逆に、レンタル代がかからないメーカーのウォーターサーバーは、本体設置にかかる初期投資がゼロですむのがメリットと言えますが、本体交換にいくつかの条件が設定されている場合が多く、修理にも料金が発生することが多いというのがデメリットです。

コストを抑えてウォーターサーバーを選ぶポイント

ウォーターサーバーを使うならば、いくつもコストが発生します。ただし、上手く選んでいけばコストを抑えて利用可能です。どのポイントを押さえればいいか、以下に紹介します。

マシンのレンタル代は無料であること

サーバー本体であるマシンのレンタル料金は無料のメーカーを選びましょう。最近はレンタル料金無料というメーカーが多いので、無料のメーカーを探すのは苦労しません。レンタル料金が発生すると月1,000円程度かかるので、無料の方が良いでしょう。

お水の送料は無料であること

お水の送料、これも無料のメーカーを選びましょう。送料が発生すると、お水を自宅に配送してもらうたびにお金がかかります。毎月何本もボトルを頼むとなると、送料だけでそれなりの値段になります。送料も無料のメーカーが多いので、そのようなウォーターサーバーを使ってください。

節電機能付きのサーバーを選ぶこと

ウォーターサーバーは、冷水や温水を使うのでどうしても電気代はかかります。節電機能付きであれば、通常のウォーターサーバーの半分ぐらいの電気代にできます。コストを抑えるならば、節電機能は必須と言えるでしょう。ちなみに電気代を抑えたいからといって、サーバーのスイッチを切ったり、コンセントからプラグを抜くのはおすすめできません。ウォーターサーバーのお水は冷やさないと、24時間以内に全部飲むようメーカー推奨しています。お水を冷やさず保管すると、衛生面で保証ができなくなるので、節電機能で電気代を安くしてください。

まとめ

ウォーターサーバーは使えば、サーバー本体レンタル料金、電気代、お水の料金などかかります。ポイントを押さえて無料に出来る部分や節約出来る部分があれば、コストを抑えられます。理想はお水の代金のみであり、その他はいっさいかからないウォーターサーバーです。使いたいウォーターサーバーを見て、何にお金がかかるのか調べてから申し込んでみてください。