ウォーターサーバーの中身は実は雑菌だらけで汚い!?噂は本当?

綺麗なお水が飲めるイメージがあるウォーターサーバーですが、中には、ウォーターサーバーの水は衛生的に汚いと感じている方もいます。ウォーターサーバーの水の衛生面は実際の所どうなのか。汚いと考えてしまう原因は何なのか。安全なお水を飲むためにも、ウォーターサーバーの衛生面にまつわる情報を知っておきましょう。

ウォーターサーバーは汚いという噂は本当?


ウォーターサーバー衛生面が最悪で汚い、というような説があります。ウォーターサーバーを使っていない方の中でこうした噂が広まっていますが、実際に所はどうなのでしょうか。ウォーターサーバーが汚いという噂の真相に迫ります。

ウォーターサーバーのメンテナンスを怠っている

ウォーターサーバーは定期的にメンテナンスをしないと、汚れが蓄積して雑菌が繁殖してしまいます。ですが、メンテナンスさえ怠っていなければ常にクリーンな状態でお水を飲めるのです。

メンテナンスと言っても大した事ではありません。消毒のボタンを週に一度押すだけなど、ユーザーにとって負担がかからないメンテナンスがほとんどです。簡単なメンテナンスを行っていれば、ウォーターサーバー内に雑菌が繁殖する事態を防げるでしょう。

不衛生な状況でウォーターサーバーを使っている

ウォーターサーバーの注ぎ口に、一度使ったペットボトルの口をつけて水を補給しているなど、不衛生な状況でウォーターサーバーを使っていると、どうしても中の水にも影響が出てきます。他にも、ウォーターサーバー周りがホコリまみれで汚いなど、汚れが溜まっているような状態では、どうしても雑菌が繁殖しやすくなるでしょう。

ウォーターサーバーを使っている環境がどんな所なのかも、清潔なお水を飲む上で重要なポイントです。安心安全なお水を飲む以前に、まずは周囲の不衛生な状況を一新するようにしましょう。

雑菌対策がなウォーターサーバーを使っている

ウォーターサーバーによっては雑菌対策ができない、自己メンテナンスが出来ないタイプのサーバーもあります。そうしたサーバーを使ってしまうと、サーバー内に雑菌が溜まってしまい不衛生になりがちです。サーバーをレンタルする際には必ず雑菌対策がついているウォーターサーバーを利用しましょう。

水の賞味期限を守っていない

水にも賞味期限があります。ジュースなどと比べると賞味期限は長いですが、あまりにも長期的に保存しているお水は衛生面で危険です。ボトルを一度も空けていない場合でも、ボトルの内部で雑菌が繁殖しますので、水の賞味期限はきちんと守るべきでしょう。

ウォーターサーバーの雑菌の繁殖を防止する方法!


ウォーターサーバーを安全に使う為には、雑菌を繁殖させないようにいくつか対策することが大切です。例えば、こんな対策をするとウォーターサーバーを清潔にキープ出来るでしょう。

定期的にフィルターや部品を交換する

ウォーターサーバーの内部には雑菌を取り除くためのフィルターや部品が取り付けられており、サーバー内のお水をクリーンにしています。ですがフィルターや部品には限界がありますので、定期的に交換するようにしましょう。

フィルターや部品をメンテナンス、交換せずにそのまま使い続けると、雑菌を取り除ききれなくなり、お水と一緒に排出されます。長期的にサーバーを利用している場合は特に、出来るだけ定期的に交換するよう心がけましょう。

メーカーの定期メンテナンスに出す

メーカーによってはサーバーの定期メンテナンスを行っていますので、定期メンテナンスに出してクリーンネスしてもらうことが大切です。定期メンテナンスではフィルターや部品の交換を始め、各種清掃なども丁寧に行ってもらえます。

メーカーの定期メンテナンスは基本無料で行われている事がほとんどです。気軽にメンテナンスを出来るタイミングですので、積極的に利用しましょう。

水がたまりやすい箇所をまめに掃除する

水の受け口など、水がたまりやすい箇所は雑菌が繁殖しやすいですので、こまめに掃除して清潔な環境をキープしましょう。水がたまったまま放置をしてしまうと、雑菌はもちろん、虫の繁殖場になる可能性もあります。毎日と言わずとも、数日に一度は必ず掃除することがポイントです。

ウォーターサーバーの自動除菌機能を使う

ウォーターサーバーには自動除菌機能が搭載されているサーバーもあります。ボタンをおすだけで自動的にサーバー内部を除菌してくれる便利な機能ですので、こちらの機能を使えば衛生面も安心です。サーバーにもよりますが、夜眠る前に押しておけば翌朝除菌が完了しているタイプもありますので、毎日クリーンな状態をキープ出来るでしょう。

ウォーターサーバーを衛生的に保つコツ!


ウォーターサーバーは日頃の使い方でも衛生的に保つ秘訣があります。衛生的に保つ為には、こんなことに気を付けましょう。

蛇口を手で直接触らない

蛇口を手で直接触ってしまうと、手についた雑菌が付着し、サーバー汚染に繋がります。小さなお子様がいるご家庭では特に、少し目を離した隙にお子様が蛇口を触ったり舐めたりしている事もありますので気を付けましょう。

水は早めに飲み切る

賞味期限が切れていないお水でも、開封をしたら出来るだけ早めに飲み切ることが大切です。開封状態で長期的に保存しているとどうしても雑菌が繁殖しますので、開封後は3~4日以内を目安に飲みきりましょう。

定期的に機種を変える

定期的に機種を変えることも、サーバーに雑菌を繁殖させない方法の1つです。1つのサーバーを長年使い続けると、自分ではメンテナンス出来ない所まで雑菌が繁殖するケースも少なくありませんので、定期的に機種を変えることも視野に入れておきましょう。

まとめ

ウォーターサーバーは日頃の使い方にさえ気を付けておけば、衛生的に使えるアイテムです。衛生面が心配という方は特に、サーバーのケア方法を知っておくと安心して使えるでしょう。