水を2リットル飲んだ方が良いのはどうして?効果的な飲み方とは

水は毎日2リットル飲むと美容と健康に良いと言われています。ですが実際の所、毎日2リットル飲む必要性はあるのでしょうか?お水を毎日2リットル飲むことでどの様な効果があるのか、2リットル飲むと良いと言われる理由は何かなど合わせてご説明します。また、お水を飲むときにはこんなことにも合わせて気を付け無いといけません。

水を飲むと身体に良い理由!


水は1日2L前後飲むことでからに良いとされていますが、その理由をご存じでしょうか。水を飲むと体に良いと言われる理由はいくつかありますが、例えば、こんな理由があるでしょう。

デトックスできる

水を飲むことで体の巡りが良くなり、デトックス効果があります。汗をかく、便通が良くなるなど、体内から毒素を排出するために水を飲むことは効果的です。そのため、ダイエット目的や美容目的で水を飲む女優さんやモデルさんも多いでしょう。

食欲が抑えられる

水を飲むことで水でお腹がいっぱいになり、自然と食欲が抑えられます。ついつい食べ過ぎてしまう事が多い方にとって効果的なダイエット方法の1つで、小腹が空いたときに水で空腹を凌ぐダイエッターも少なくありません。

乾燥肌が改善される


人間の体は6割が水で出来ていますので、水が不足するとお肌が乾燥してしまいがちです。冬場などの乾燥が酷いシーズンには特に、お肌が砂漠のように乾燥してしまうという方も多いでしょう。そんな時にもお水を飲むケアがおすすめです。

お水を飲むことで体内から乾燥を防ぎ、内側から潤い溢れる素肌を作ります。化粧水などを塗るだけではなかなか効果が得られないという場合は特に、お水を毎日しっかり飲むようにするだけで、大幅な肌質改善効果が期待できるでしょう。

血液がさらさらになる

お水は体の巡りを良くする働きがありますが、その一環として血液をサラサラにする働きがあります。血液は体内の塩分濃度が濃くなるほどドロドロになりがちですが、お水を飲むことで中和され、血液をサラサラにな状態に戻します。

日頃から濃い味の食事をすることが多い方をはじめ、普段からあまり運動をしない方の場合は、お水を飲む方法は効果的です。お水を毎日適量摂取するだけでも、血液サラサラ効果が期待できるでしょう。

便秘の改善につながる

便秘体質の方にとっても水分摂取は非常に有効です。お水を毎日適量しっかり飲むことで、凝り固まった便を軟らかくし、便通を改善効果はもちろんのこと、腸内環境を整えやすくなるでしょう。ある程度の期間続けないといけませんが、水が不足すると便秘になりやすくなる方は多いですので、試してみる価値はありです。

効果的な水の飲み方とは


お水はただ大量に飲めば良いということではありません。飲むタイミングや飲み方など、お水を正しく飲むことがポイントです。健康や美容のために水を飲む際には、このようなポイントを抑えてお水を飲みましょう。

朝起きたら一番に飲む

朝起きた体はカラカラに乾燥していますので、起き抜け一番にお水を飲むと良いでしょう。お水を飲むことで体が起きやすくなり、デトックス効果も期待出来ます。

朝一番にお水を飲む際には常温のお水か白湯を、コップ一杯程度のみましょう。まだ体が起きていない状態の時に冷水を飲むと内臓に大きな負担がかかり、お腹が痛くなる場合があります。出来れば常温か白湯のお水を、ゆっくりと飲むことが大切です。

のどが渇く前に水を飲む

のどが乾いたと感じている時には、体は既に脱水状態です。喉が渇いたと感じる前にこまめに水分補給を行い、脱水状態を防ぎましょう。

夏場はもちろんですが、温かくなってくる春頃も油断をすると危険です。体につねにお水が行き渡るように、日頃からこまめに水分補給をすることが大切です。

こまめに飲む

水分補給をする際には一度に大量に飲むのでは無く、少しのお水を何回かに分けて飲むと良いでしょう。こうすることで体全体に水分が行き渡りやすくなり、体の巡りを良くします。

また、一度の水分補給で大量に飲んでしまうと、逆に体に負担がかかる可能性があるでしょう。冷水の場合は特に一気飲みなどすると内臓に負担がかかりますので、出来るだけ間を空けてこまめに飲むことが重要です。

冷たすぎる水は避ける

水分補給をする際に冷たいお水を飲みたい方も多いかと思いますが、冷たいお水ばかり飲んで居ると内臓に負担がかかり、結果体への負担になる恐れがあります。運動をして体が温まっている場合などは冷たいお水が効果的ですが、朝の起き抜けの状態や、夜眠る前などのリラックスタイムでは、常温のお水にしておいた方が良いでしょう。

また、キンキンに冷え切っているあまりにも冷たすぎるお水は、例え運動をした後でも一度に大量摂取すると体に負担がかかります。冷水を飲む際は大量摂取をするのではなく、少しずつ分けて飲むようにしましょう。

1日に2リットル以上飲んだ方が良いのはなぜ?


水は1日に2リットル以上飲むと健康や美容に良いとされていますが、その理由はなぜなのでしょうか?実は2リットルという数値にはこんな理由がありますので、参考にしてみて下さい。

体重の4%が1日の適切な量

1日の水分摂取量は、体重の4%程度が理想とされています。その為、体重に合わせて水分摂取量を変えないと、まだ水分が足りないという場合もあれば、逆に飲みすぎという事もあるのです。2リットルはあくまで目安と考えて、自分の体重に合わせた量を摂取する必要があります。

また、シーズンによっても水分摂取目安量は変わるため注意が必要です。例えば夏の暑い日に大量に汗をかいたタイミングであれば、多少摂取目安量を超えても問題ありません。水中毒には気を付けないといけませんが、脱水や熱中症を防ぐ為にも、目安量はあくまで目安量と捉えておきましょう。

平均的な体重50キロの人の適量が2リットル

体重が50㎏の人の場合、1日の目安として2リットルのお水摂取が推奨されます。これは
体重の4%に値する数値ですので、毎日2リットル飲むという説が理に叶っていると言えるでしょう。

1日2リットルのお水を飲むべきと推奨され始めたのは、こうした平均体重の部分が一番の理由です。日本国内の女性の大体の平均体重となる数値で、美容や健康を意識した世の女性が、参考にし始めたことがきっかけと言えるでしょう。

安全な水を飲む方法


お水は何での良いから飲めば良いという事ではありません。同じ水分でも、雑菌が繁殖したお水を飲むのか、ミネラル豊富で綺麗なお水を飲むかで、体への影響は変わります。安全なお水を飲むためには、このようなポイントを抑えましょう。

水道水はそのまま飲まない

水道水をそのまま飲むことはあまりおすすめできません。水道水はどうしてもカルキなどの影響を受けやすいことはもちろん、お水の内部で雑菌が繁殖しているケースも多い為です。水道水を飲んで水分補給をする際にはそのまま飲むのではなく、一度熱湯煮沸をして冷ましたお水を飲んだり、水道器に付けられる浄水器などを付けた上で飲むようにすると良いでしょう。

ウォーターサーバーを導入する

安心安全綺麗なお水を飲みたいという場合、ウォーターサーバーを導入する事もおすすめです。毎日2リットルお水を飲むとなると特に、ウォーターサーバーであればボタン1つで簡単に綺麗なお水が飲めます。

ウォーターサーバーにもよりますが、サーバーによってはボタン1つで冷水や常温、お湯などを分けられますので、シーンに合わせて使い分けが可能です。お茶を飲む際に使ったり、日頃の料理の際にも使えます。

また、お水は自宅まで届けてもらえますので、自分で買いに行く手間を省けることも魅力です。ペットボトルでお水を飲んでいる方などは特に、購入時の負担を減らすことにも繋がるでしょう。

まとめ

健康や美容のためにも、毎日お水をしっかり摂取することが大切です。毎日正しい量を正しい方法で飲み続ける事で、着実に効果を発揮するでしょう。便通改善やダイエット効果、血液サラサラ効果など、得られる効果はたくさんあります。

ただし、ただ飲めば良いという事では無く、飲むお水の質も重要なポイントです。体内に入るものですので、出来るだけクリーンなお水を飲みましょう。ウォーターサーバーのお水であればより手軽に飲めますので、導入する事も1つの方法です。