水が腐るってどういう状態?腐るのを防ぐ方法

日頃水をストックしている方も多いかと思いますが、長期的に保管しているそのお水、もしかすると腐っているかもしれません。水が腐ることなんてあるのか疑問に思う方もいるかもしれませんが、残念ながら水は腐ることがあります。お水が腐る原因は何なのか、日頃の管理方法のコツや美味しいお水を飲むポイントはこちらです。

水が「腐る」ことはある?


そもそもお水が腐ることなんて本当にあるのか、お水が腐る原因は、お水は腐るのかどうかについてご説明します。

水そのものは腐らない

結論から言うと、お水そのものは腐ることはありません。お水は食べ物など違って時間経過をしても傷む事は無く、長期的に保存しているご家庭もあります。衛生面が徹底しているお水であれば、お水そのものは腐ることなく長期保管が可能と言えるでしょう。

水の不純物に雑菌が繁殖した状態

それではなぜお水は腐ることがあるのか。それは、お水に含まれている不純物が原因です。お水そのものが腐ることはないのですが、お水は不純物が中に入り込んでしまうことで、不純物に雑菌が繁殖してしまい腐ります。お水そのものが腐るのではなく、あくまで不純物が腐ってしまうことがお水が腐る原因と言えるでしょう。

ペットボトルのお水も、開封をしてからすぐに飲まないといけない理由はそこにあります。完全未開封であれば雑菌が繁殖しにくいのですが、一度封を開けてしまうと不純物が入り込みやすく、その不純物から侵食が進んでしまうのです。また未開封のペットボトルでも、封をする前に不純物が入り込んでいればそれまでですので、確実に腐らないお水というものは無いに等しいでしょう。

雑菌が繁殖する原因


お水が腐る原因の1つに雑菌が繁殖することがあげられますが、そもそも雑菌が繁殖してしまう原因は何なのでしょうか。お水の雑菌が繁殖しやすくなる原因をして、お水を腐らせにくくしましょう。

高温多湿の場所に保存していた

高温多湿の場所は雑菌にとって絶好の繁殖環境です。高温多湿の場所に長期的にお水を保管しておくと、雑菌の温床になるということを頭に入れておきましょう。未開封のお水はもちろん、開封済みのお水であればひとたまりもありません。長期的にお水を保管して置きたい場合は高温多湿の場所を避けて保管することが大切です。

水の容器が劣化した

水の容器が劣化する事で雑菌が入り込みやすくなることも、雑菌が繁殖してしまう原因になります。ペットボトルをはじめ、お水が入っている容器が何らかの形で破損・劣化すると、今までガードされていた雑菌も水分に溶け込みやすくなり、腐りやすくなるでしょう。

水の賞味期限が過ぎていた

水には賞味期限がありますので、水そのものの賞味期限が過ぎていると腐りやすくなります。こちらは未開封の水でも関係ありません。水にも賞味期限がありますのできちんと確認しておいて、水が傷むのを防ぎましょう。

水を長期的に保存する方法

水を出来るだけ長期的に保存するためには、ちょっとしたコツを抑えるのが肝心です。手軽に出来る方法ばかりですので、長期保存をしたい方はいくつか試してみると良いでしょう。

冷蔵庫に入れる


水は高温多湿の場所に置くと雑菌が繁殖しやすくなりますが、冷蔵庫のように冷温暗所な場所に置いておくことで、雑菌の繁殖を防ぎます。お水は出来るだけ冷蔵庫に入れておき、高温多湿な場所を避けると良いでしょう。

特に開封済みのお水の場合。冷蔵庫に入れておかないとすぐに雑菌が繁殖します。開封済みのお水は速やかに冷蔵庫に入れておき、出来るだけ早く飲むことが理想です。その日のうちに飲みきることが難しいのであれば、冷蔵庫保管が鉄則でしょう。

煮沸した清潔な容器に入れる

雑菌が水分に溶け込まないようにするためにも、煮沸した清潔な容器にお水を入れることがおすすめです。普段水道水を沸騰させてから飲んでいるという方は特に、入れる容器も清潔にしないとすぐにお水が傷んでしまいますので、お水を入れる前に容器も清潔にしておきましょう。

煮沸する際にはペットボトルなどの容器ではなく、ガラスなどの丈夫な容器で行います。ペットボトルは煮沸をするとボトルそのものが劣化してしまいますので不向きです。熱湯消毒を行っても問題が無いタイプの容器を使いましょう。

容器いっぱいに水を入れる

容器いっぱいに水を入れることで、雑菌の繁殖を防ぎます。容器に空気が入っているとそこから雑菌が繁殖しやすくなりますので、空気が入らないほどいっぱいまでお水を入れておくことで、長期保管しやすくなります。

直射日光が当たる場所に置かない

直射日光は長期保管をする上で正に天敵です。未開封のお水でも直射日光が当たる場所を避け、冷蔵庫、もしくは日の当たらない涼しい暗所で保管するようにしましょう。

ペットボトルなどのボトルで保管をする場合、保管の面はもちろんですが、日の当たる所に置いておくと火災の出火原因に繋がることもあります。長時間日が当たる場所は特に危険ですので、保管場所には充分気を付けましょう。

ウォーターサーバーの水をおいしく飲む方法


お水を毎日たくさん飲むご家庭では、ウォーターサーバーを取り入れている方が少なくありません。このウォーターサーバーのお水ですが、ただ飲むだけではなく、ちょっとしたコツを抑えれば美味しく飲めます。ウォーターサーバーのお水を美味しく飲む方法はこちらです。

賞味期限内に飲む

当然ではありますが賞味期限内に飲みましょう。賞味期限はお水に限らず、そのものを美味しく摂取するためのおすすめの期間です。賞味期限が少し過ぎたからと言って腐るというわけではありませんが、より美味しく、より安全に摂取するためには、やはり賞味期限の存在は大きいでしょう。

RO水を選ぶ


お水が腐る原因の1つに、水分中に含まれる雑菌が繁殖することがあげられますが、RO水であればその心配を防げます。RO水は天然水と違ってフィルターで不純物を除去した状態で製造されているお水ですので、腐る心配がほとんどありません。とにかく安心安全なお水を飲みたいという方にもピッタリのお水と言えるでしょう。

RO水はお値段も低価格で売られているため、手に入れやすいのが魅力です。ただし味の面では天然水に比べるとあまり飲み応えもなく、ミネラル成分が含まれていない(もしくは後から添付する)という形のお水もありますので、飲み心地を優先する際にはある程度比較が必要でしょう。

湿気が少ない場所にボトルを保存する

出来るだけ湿気が少ない場所にボトルを保管しておくことで、雑菌の繁殖を防ぎ、長期保存が出来るようになります。湿気が多い場所に置いておくとカビが生えやすくなりますので、衛生面でも危険です。湿気が少ない冷暗所であれば正に最強の保管場所といえるでしょう。

普段湿気が少ない場所でも、梅雨などのシーズンが訪れると湿気やすくなる事もあります。湿度計を準備して定期的に保管環境をチェックし、必要に応じて乾燥剤などを置いておくと、より保管場所として効果てきめんです。

まとめ

お水は腐ることがありますので、腐らせないためにも日頃から保管環境に注意しないといけません。長期保存をしたい場合は特に、出来るだけ冷蔵庫に保管した方が良いでしょう。

また、雑菌が元から含まれていないRO水などを摂取するのも、長期保存には最適です。味わいの部分に違和感があるタイプもありますが、その分長期保存が出来る事もあり、非常用バックに入れている方も少なくありません。値段も安価でゲットしやすいでしょう。

お水を保管するには、賞味期限もきちんと参考にすることを忘れてはいけません。賞味期限が過ぎていたらそれだけでNGですので、購入前に確認しておくことはもちろん、日頃から自宅のお水の賞味期限を確認しておきましょう。