ウォーターサーバーの定番の置き場所とメリット

この記事の情報提供者
ウォーターサーバー販売員:YUMINさんさん(30)

ウォーターサーバーメーカーの販売代理店としてブースでの営業を主に行っていました。全国のショッピングやホームセンターの他、大型のイベントでも販売を経験し、毎月30~50台ほどのご契約をいただいておりました。ウォーターサーバーに関する知識だけでなく、販売経験を通じたお客様のニーズも含めて情報提供させていただきます!

ウォーターサーバーの設置を検討しても、頭を悩ませるのが置き場所です。理想的な置き場所を決めるためには、まずどのような目的で導入するのかを考えましょう。目的によって適した場所、適さない場所があります。せっかく導入しても、使いづらい場所に設置してしまうと使用頻度も下がってしまうので、きちんと適した場所に置きましょう。今回は目的別の理想的な置き場所について紹介します。

ウォーターサーバーの置き場所はどこにする?


ウォーターサーバー設置場所は大きく分けて3つあります。これから紹介する場所は、ウォーターサーバーを設置して良かったという意見が多いところばかりです。設置場所に悩んでいる人は紹介する場所も検討してみてはいかがでしょうか。

リビング

ウォーターサーバーと聞くと、大きくておしゃれな部屋には合わないというイメージを持つ人もいます。しかし、最近のウォーターサーバーはデザイン性に優れているものも珍しくありません。小型~中型であれば、インテリアとしてリビングに設置しても違和感を与えないのでオススメです。

リビングにウォーターサーバーを設置することによって、リビングでくつろぐ時に役立ってくれます。手の届く位置に設置してあればお茶やコーヒーがいつでも楽しめるからです。家族とくつろぐ時、友人たちが集まってきた時などに便利です。

キッチン

ウォーターサーバーの設置場所に悩んでいる人は、キッチンにすれば後悔はないと言われています。ウォーターサーバーの冷水や温水を料理に使う人は、キッチンに設置した方が便利でしょう。実際に導入理由に「料理に使いたい」という人も少なくはなく、そういった人はキッチンに設置する人が多いようです。

寝室

意外なことに、寝室にウォーターサーバーを設置するのも人気を集めています。就寝前や起床後にコップ1杯の水を飲むことで健康に良いと言われています。健康志向の高い人が寝室に設置するのです。

ただ、最近のウォーターサーバーは静音が当たり前になってきたとは言え、静かな寝室では音が響きやすいのも事実です。些細な音が気になる人は寝室以外に設置する、もしくは足元に設置するなど音が響かない工夫をしましょう。

ウォーターサーバー販売員

【ひとことアドバイス】このような場所は設置NGです!
なにか匂いが強いものが置いてある場所の近くは、お水に匂いが移ってしまうのでNGです。また、直射日光が当たり続けてしまうような窓際も避けた方がいいですね。それに加えて、ウォーターサーバーは冷却のために冷却ファンをずっと回している状態なので、裏側にホコリがたまりやすい場所も避けた方が本体を長持ちさせることができます。

リビングに設置するメリット


リビングにウォーターサーバーを設置することで、どんなメリットがあるのでしょうか。調べてみると、リビングならではのメリットがあることがわかりました。インテリアを気にする人、リビングでくつろぐ人などはリビングに設置することを検討してみましょう。

すぐにお茶やコーヒーが楽しめる

一般的にリビングでくつろぐ人は多いと思います。テレビを見ている時など、喉が渇けばすぐにウォーターサーバーの冷水や温水でおいしい飲み物を作ることができます。特に、お湯を沸かさなくても温かい飲み物が楽しめるのは、手間が省けてメリットに感じる人が多いようです。

インテリア感覚で設置できる

先述したように、最近のウォーターサーバーはおしゃれなものも増えてきているのでインテリアとして違和感のないデザインになっています。むしろ、リビングにおしゃれなウォーターサーバーを設置することで、嫌味のない生活感を演出することもできるのでオススメです。

お子さんの誤操作に注意

ウォーターサーバーは精密機械とまでは言いませんが、使い方次第で壊れてしまうものです。特に子供の場合は好奇心などもあり、ボタンを適当に押してしまうこともあるでしょう。リビングに設置していれば、子供の誤操作にも注意することができます。

キッチンに設置するメリット


ウォーターサーバーを導入した家庭のほとんどがキッチンに設置すると言ってもいいほど、キッチンは人気設置場所と言っても過言ではありません。キッチンに設置することで得られるメリットにはどんなものがあるのかを説明していきます。

おいしいお水で調理できる

ウォーターサーバーを導入するメリットとして、おいしい水を飲むことができるというものがあります。それは飲むためだけではなく、料理に使うことでもおいしさを得られるのです。おいしい料理は水で決まるという持論を持つ人もいるほど、水は味に影響を与えます。

ウォーターサーバーを導入することで、おいしい水で調理できるので、毎日の食事の味も向上しているのではないでしょうか。

電気ポット代わりになる

多くの家庭が導入しているのが電気ポットです。しかし、ウォーターサーバーは温水も出せるので電気ポット自体が必要ではなくなります。例えば、ミネラルウォーターを電気ポットに入れて沸かしてもあまりおいしいと感じません。しかし、ウォーターサーバーの水は冷水と温水に対応する水が使われることもあり、おいしいお湯を出すことができるのです。

動線が邪魔にならないことに注意

キッチンに設置する際、ひとつだけ注意したいのが動線です。ウォーターサーバーを設置したことによって、動線が邪魔にならないかを事前に把握しておかないといけません。大きなタイプを設置した場合、移動も簡単ではありません。後から後悔しないためにも、事前に邪魔にならないかは調べておきましょう。

寝室に設置するメリット


あまり需要がなさそうに見えて、人気が高いのが寝室です。先述したように、健康志向の人が設置する傾向が高い場所です。他にもホテル感覚を味わいたい人も寝室に設置するようです。他にも寝室に設置するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

就寝前・起床直後のお水が健康的

就寝前や起床後においしい水が飲めること、これがメリットです。就寝中は身体の水分がなくなってしまうため、就寝前、起床後に水を1杯飲むといいと言われています。気にかけていたとしても、うっかり忘れてしまう場合がありますよね。覚えていても、わざわざキッチンまで水を取りに行くのは面倒だ、と感じる人もいるでしょう。そういった時、寝室にウォーターサーバーがあればすぐ水を飲むことができます。

夜中に喉が渇いてもすぐお水が飲める

冬場にありがちなのが、夜中に喉の渇きで目が覚めた時、せっかく温まった布団から出るのは嫌ですよね。しかし、枕元、もしくは足元に設置しておくことですぐに水が飲めます。キッチンに行く手間を省く暗い意味がないと思う人もいるかもしれませんが、意外とこの手間は大きく感じてしまうものなのです。

静音タイプのウォーターサーバーを選ぶこと

寝室にウォーターサーバーを設置する時、なるべく音の静かなものを選びましょう。リビングやキッチンに設置している時は気にならなくても、静かな寝室では音が響きやすいのでウォーターサーバーの音は意外と大きく聞こえてしまいます。

音に敏感な人は、ウォーターサーバーの音で眠れなくなるということもありえるので、寝室に設置する場合は音を重視して選ぶといいでしょう。

こんな置き場所は不便!ウォーターサーバーの設置に適さない場所


ウォーターサーバーの設置に適している場所があるということは、逆に適さない場所もあるということです。適さない場所に設置してしまうと、ウォーターサーバーの良さを100%引き出すことができません。どのような場所が設置に適さないのかを見ていきましょう。

コンセントが近くにない

コンセントが近くにない場所は避けましょう。最近のウォーターサーバーは電源を入れっぱなしにするのが当たり前になっています。セルフクリーニング機能なども搭載されているので、水を綺麗に保つためにもコンセントが近くにある場所に設置しましょう。

家具や壁とのスキマがない

ウォーターサーバーは電源を入れ続けることもあり、ある程度家具や壁に隙間がある場所が推奨されています。滅多にあることではないのですが、隙間がない場所に設置することで放熱が上手くいかずに故障する場所もあるのです。他にも隙間がないと設置を止める時に取り出すことに苦労してしまうので気をつけましょう。

不衛生

ウォーターサーバーを設置する場所として、不衛生な場所は避けてください。例えば湿気がこもる場所普段あまり掃除をしない場所など、不衛生な場所に設置してしまうとせっかくのおいしい水も意味がなくなります。

直射日光が当たる

ウォーターサーバーにもよりますが、直射日光が当たる場所は避けましょう。特にボトルがむき出しになっているタイプは絶対に避けるべきです。水は日光に弱い特性を持っているため、設置場所は直射日光が当たらない場所、窓際以外が良いとされています。

ドアの近く

絶対にダメではないのですが、ドア付近にも設置をしないようにしましょう。ドア付近に設置してしまうことでぶつかったり、倒してしまったりとトラブルの原因になるからです。

床が傾いている

床が傾いている場所も、ウォーターサーバーの設置場所には相応しくありません。傾いているということで、水が並行にならずに上手く温度調整ができなくなるサーバーもあるからです。他にも転倒リスクも高くなるので、必ず並行になっているところに設置しましょう。

まとめ

ウォーターサーバーをレンタル・購入しても設置場所に悩む人は珍しくありません。悩んだ時は、まず自分がどんな時にウォーターサーバーを使うかを考えてみましょう。リビングで使う機会が多いならリビング、キッチン、寝室とそれぞれの目的に合わせて設置してみてください。一番自分が活用する場所に設置しないと、せっかくのウォーターサーバーも宝の持ち腐れになりかねないので気をつけてください。