硬水のウォーターサーバーはある?硬水の特徴を紹介します

生活の中で当たり前にある「水」ですが、日本は世界一清潔な水と言われていることは知っていますか? 水道水をそのまま当たり前に飲めるのは世界各国と比較しても珍しいことなのです。中には飲むだけでお腹を下してしまう水もあります。今回は日本の水の特徴や、ウォーターサーバーで硬水を提供しているメーカーがあるのかを調べてみました。

日本の水の特徴


水には「軟水」「硬水」の2種類があります。いきなり軟水と硬水と言われても、その違いがピンとこない人もいるでしょう。日本では軟水と硬水のどちらの水なのか、ウォーターサーバーではどちらが提供されているのかについて紹介します。

日本ではほとんどが軟水

日本はごく一部の地域を除いて、ほぼ軟水が提供されています。それは日本の地層が関係しているのです。基本的に水は地下から汲み上げた水を使用しており、その地下水がどのようにできるかで水の硬度が決まります。

地層に石灰岩が多い土地は、カルシウムのほかにもマグネシウムが豊富です。水の硬度が高くなると硬水になりますが、日本は石灰岩を含んだ地層が少ないため基本的に軟水になるのです。もちろん一部の地域では硬水が汲み上げられますが、水の硬度を落として提供するなど日本人が飲みやすいように工夫がされています。

ウォーターサーバーも軟水が広く普及している

基本的にウォーターサーバーは日本人が飲みやすいように軟水で提供されています。一般的に軟水に慣れている人が、いきなり硬水を飲むとお腹を下してしまうからです。

ミネラルウォーターを購入して飲んだ時、なぜかお腹が痛くなることはありませんか? ミネラルウォーターにも軟水と硬水があるので、もしかしたら硬水を飲んでお腹を下していたという可能性もあるのです。

硬水とは?


日本人に慣れ親しんでいるのは軟水ですが、硬水にもメリットがあります。むしろ、健康志向の人はミネラル豊富な硬水を日常的に飲んでいる人もいるのです。こちらでは、硬水のメリットや特徴について見ていきましょう。

ミネラル分が多く含まれる水のこと

基本的に硬水はミネラル分が多く含まれた水を指します。ミネラルウォーターなども硬水で提供されているものがあります。エビアンやコントレックスなどは硬水の中でもかなり知名度が高い水と言えるでしょう。

便秘解消や老廃物の排出が期待できる

硬水にはマグネシウムが豊富に含まれていることから、便秘解消や老廃物の排出が期待できます。そのため、便秘気味の人だけではなくダイエットをしている人も積極的に飲んでいるようです。

便秘気味の人はすぐ下剤を飲んでしまう人もいますが、身体に負担がかかるのでオススメできません。まずは硬水を飲んで便秘解消されるかを確かめてから下剤を飲んでも遅くはないのではないでしょうか。

水単体の味を楽しめる

エビアンやコントレックスなどの硬水ミネラルウォーターを飲んでも分かるように、水でありながら味があります。そのため、硬水は軟水にはない水単体の味を楽しめるメリットがあるのです。

ウォーターサーバーで硬水を提供するメーカー


ウォーターサーバーで硬水を提供しているところはないという噂もありますが、実際はどうなのでしょうか。ウォーターサーバーで知名度の高いメーカーのものをいくつか比較してみたので参考にしてみてください。

フレシャス

月額料金目安¥4,222~
評価 4.0★★★★☆
フレシャス

天然水その他方式ワンウェイ方式

基本情報
水の注文¥3,250〜最低ロット
1箱(2本×10L)
レンタル料¥0〜電気代
¥972〜
初期費用¥0~配送料
¥0〜
メンテ料¥0~解約料
¥9000〜
※配送エリア 全国 ※離島除く

フレシャスは富士山の地下273メートルからくみ上げた原水を非加熱処理した硬水を提供しています。ウォーターサーバー部門総合第一位に選ばれるほど、多くの愛用者がいることでも有名です。口コミ評判も高く、フレシャスのウォーターサーバーを選べば間違いないと言う人もいます。

コスモウォーター

月額料金目安¥3,040~
評価 3.9★★★★☆
コスモウォーター

天然水RO水ワンウェイ方式

基本情報
水の注文¥2,604〜最低ロット
1箱(2本×12L)
レンタル料¥0〜電気代
¥436〜
初期費用¥0~配送料
¥0〜
メンテ料¥0~解約料
¥9000〜
※配送エリア 全国

コスモウォーターのメリットは、好みに合わせて3種類の天然水を厳選して提供しています。そのため、味の変化を楽しむことができるのです。他のメーカーのように1種類のみではないことから、3種類の硬水を飲み比べて自分の好みを見つけるのもいいかもしれません。

クリクラ

月額料金目安¥3,127~
評価 3.6★★★★☆
クリクラ

RO水リターナブル方式

基本情報
水の注文¥2,604〜最低ロット
1箱(1本×12L)
レンタル料¥0〜電気代
¥523〜
初期費用¥7000~配送料
¥0〜
メンテ料¥5000~解約料
¥0〜
※配送エリア 全国 ※沖縄・離島(一部地域を除く)

クリクラは売り上げ、製造本数共に業界ナンバーワンを極めたメーカーです。業界初のHACCP認証取得の工場から優れた硬水を提供してくれます。初回はボトル1本から試せる無料お試しもあるので、ウォーターサーバーを試したいけど……と迷っている人にオススメしたいメーカーです。

クリティア(プレミアウォーター)

月額料金目安¥4,758~
評価 3.3★★★☆☆
プレミアムウォーター

天然水ワンウェイ方式

基本情報
水の注文¥3,958〜最低ロット
1箱(2本×12L)
レンタル料¥0〜電気代
¥800〜
初期費用¥3000~配送料
¥0〜
メンテ料¥0~解約料
¥10,000円~15,000〜
※配送エリア 全国 ※沖縄・離島(一部地域を除く)

クリティアの硬水は何といっても60年以上かけて磨き上げられた富士山の天然水を届けてくれるところです。長い年月をかけてろ過された天然水を楽しむことはできて、ナトリウムやカリウム、マグネシウムなどさまざまなミネラルがたっぷりです。

女性に注目を集めているのが「バナジウム」で、健康効果だけではなく美容促進の期待ができると言われています。そのため、女性芸能人もクリティアの硬水を飲んでいる人は多いようですね。

アルピナウォーター

月額料金目安¥3,525~
評価 4.1★★★★☆
アルピナウォーター

RO水リターナブル方式

基本情報
水の注文¥1,953〜最低ロット
1箱(2本×12L)
レンタル料¥572〜電気代
¥1000〜
初期費用¥0~配送料
¥0〜
メンテ料¥0~解約料
¥4762〜
※配送エリア 関東エリア

アルプス山脈の天然水を原水としたウォーターサーバーです。微細な化学物質や細菌を徹底除去するためにNASA開発のRO膜を採用しています。そのため、清潔さなどでは高い評価を得ているウォーターサーバーです。限りなく純粋に近い水であり、赤ちゃんのミルク作りにも安心して使えるのが特徴です。クリアな水で安全性の高いものを求めている人は、アルピナウォーターがオススメですね。

ただし、一般的には赤ちゃんのミルクに硬水を使うのは良くないと言われています。他のウォーターサーバーで同じように赤ちゃんのミルクを作らないように気をつけてください。

硬水の注意点


硬水は人によってはお腹を下してしまうこともあります。そのため、まずは「自分に硬水が合うのか」ということに注意して飲まなくてはいけません。例えば、外出先で深く考えずに硬水を飲んでしまい、お腹が痛くなったという人もいます。他にも注意点がいくつかあるのでしっかり覚えておきましょう。

料理に合わないことがある

基本的に料理に使われる水は「軟水」です。硬水は水自体に味があるので、なかなか料理と馴染んでくれないのです。ただ、すべての食材に合わないわけではありません。硬水だからこそ合う食材もあります。

例えば臭みが強い食材は、硬水で調理することで旨味を残したまま臭みを消すことができます。他にも余分なたんぱく質をアクとして出しやすくする、固い肉を柔らかくしてくれるなどの効果があります。

一般的な料理には合わないことがありますが、硬水だからこそ上手に調理できるものもあるのです。料理に合わせて、軟水と硬水を上手く使い分けましょう。

お腹を下すことがある

先述したように、硬水を飲むとお腹を下してしまうことがあります。基本的に日本人は軟水に慣れていて、硬水自体に慣れていません。そのため、硬度の高い硬水を飲むことで胃腸に負担がかかってしまうのです。他にも硬水にはマグネシウムが豊富に含まれていることもあり、その作用で下痢を引き起こす場合があります。胃腸が弱い人はなるべく硬水は避けた方がいいかもしれませんね。

赤ちゃんや子どもは飲まないこと

赤ちゃんや子供に硬水は飲ませないように、ということが推奨されています。その理由は大人でもお腹を下すほどの影響がある水だからです。子供や赤ちゃんはまだ身体が完成していません。さまざまな面が大人より遙かに弱いのです。

確実に影響が出るとは言い切れませんが、胃腸系に悪影響を与える可能性が高いものなので子供には飲ませないようにしましょう。赤ちゃんのミルクも硬水では作らないようにしてください。ただし、ウォーターサーバーの中には赤ちゃんのミルクを作っても大丈夫な硬水もあります。

子供や赤ちゃんに飲ませる時は、自分のこと以上に気を配って問題がないかを確認してください。

まとめ

ウォーターサーバーは軟水にしか対応していない時期がありました。しかし、ウォーターサーバーが当たり前になってきて硬水も扱うようになったのです。ただし「水」と言っても、軟水と硬水には大きな違いがあります。特に胃腸系が弱い人は硬水を飲むことで下痢などの体調不良に見舞われることもあるのです。

ですが、便秘気味の人にとっては解消のための良いキッカケになるので普段から便秘気味の人は硬水を飲んで効果があるかを試してみましょう。