災害時に使えるウォーターサーバー8選

この記事の情報提供者
ウォーターサーバー販売員:YUMINさんさん(30)

ウォーターサーバーメーカーの販売代理店としてブースでの営業を主に行っていました。全国のショッピングやホームセンターの他、大型のイベントでも販売を経験し、毎月30~50台ほどのご契約をいただいておりました。ウォーターサーバーに関する知識だけでなく、販売経験を通じたお客様のニーズも含めて情報提供させていただきます!

災害について昔はあまり重要視していなかった人も多いでしょう。しかし、近年は地震なども増え、さまざまな災害を目の当たりにしているため、防災に関する意識が高くなっています。例えば地震が起こった場合、ウォーターサーバーは備蓄水として大活躍をしてくれます。

災害時に使えるウォーターサーバーの特徴


ウォーターサーバーは日常生活の中でも役立ってくれますが、災害時にも大活躍してくれます。災害時に、どのような使い方ができるのかを調べてみました。防災アイテムのひとつとして、ウォーターサーバーを設置しておくといざという時に安心できるかもしれません。

停電時にも使用できること

ウォーターサーバーは停電になっても使うことができます。電気自体が落ちているとクリーン機能などは使えませんが、非常時の水を確保することはできます。非常時に置いて必要なのは食料も大切ですが、水が一番重要だと言われています。そういった際にウォーターサーバーはとても重宝するのです。

ボトルが大容量で備蓄水になること

ウォーターサーバーのボトルは大容量なので、備蓄水になります。実際に設置をしている家庭では備蓄水としていくつか余分に購入しているところもあるのです。実際に災害に見舞われた時、かなりのパニックが予想されます。普段は簡単に手に入るものが手に入らなくなるのです。

災害はいつ訪れるかわかりません。だからこそ事前に用意をしておかないといけないのです。災害に巻き込まれてから考えるのではなく、備蓄水や防災グッズをまとめておくことを検討しましょう。

水の賞味期限が長いこと

基本的に水の賞味期限は長いです。そのため、備蓄水として用意していてもすぐに買い直さないといけなくなるものではありません。賞味期限だけを把握しておいて切れそうになったら、次のボトルと交換して備蓄しておくというスタイルを取っておくと無駄にならずにすみます。

衝撃を受けても倒れにくいこと

ウォーターサーバーは災害時に転倒する可能性はありますが、ボトル自体は倒れにくく衝撃を受けても影響がありません。場所を取ってしまう可能性はありますが、災害などに見舞われてもそのまま残る可能性が高いのでいざという時の飲料水に最適なのです。

ウォーターサーバー販売員

【ひとことアドバイス】災害時、ウォーターサーバーが実際に役立ったという声!
ウォーターサーバーは家電製品なので、停電してしまうと電気で使用することは出来なくなりますが、ボトルを外せば水は飲むことが可能です。熊本地震の際にそういったケースで停電・断水したお宅のお客様がボトルから直接水を飲むことができてとても助かったというお声を頂いたことがあります。

停電時にも使用できるウォーターサーバーの特徴


ウォーターサーバーと言えば、一般的に電気タイプのものがほとんどです。そのため停電になると使えなくなる可能性があるのですが、停電時でも使えるウォーターサーバーがあります。こちらではどのようなタイプが停電中でも使えるのかについて調べてみました。

レバー式であること

ウォーターサーバーは一般的にボタンを押す電気タイプが主流になってきました。しかし、レバーを回すことで水が出てくるタイプ、簡単に言うと昔のウォーターサーバータイプは電気を使っていないので停電の影響を受けません。重力で水を出しているので、電気がいらないのです。

コック式であること

レバー式と同じように、コックを上げ下げすることで水を出すことができるコック式も停電中に使えます。逆に水のタンクが下にあるウォーターサーバーは電気タイプになるので停電時には使えないと考えてください。

停電時に使えるウォーターサーバー2選

こちらでは停電時に使えるウォーターサーバーを紹介します。日常的に使うのであれば、機能性や利便性の高いものがいいのですが、災害時のことを考えるなら停電でも使えるウォーターサーバーがいいですね。災害時だけではなく台風の時の停電でも使えるので災害時だけに限らず活躍の場があります。

フレシャス SIPHON+

月額料金目安¥4,222~
評価 4.0★★★★☆
フレシャス

天然水その他方式ワンウェイ方式

基本情報
水の注文¥3,250〜最低ロット
1箱(2本×10L)
レンタル料¥0〜電気代
¥972〜
初期費用¥0~配送料
¥0〜
メンテ料¥0~解約料
¥9000〜
※配送エリア 全国 ※離島除く

フレシャス SIPHON+はレバー操作で水を出すため、停電時でも使えるウォーターサーバーです。しかし、同じフレシャスでも電子制御タイプのウォーターサーバーもあるので、機種を間違えないようにしましょう。不安な場合は「停電の時も使えるタイプ」と申し込む時に言えば間違いもなくなります。

口コミ情報

匿名さん

デザインがオシャレですし、場所もあまり取らないので冷蔵庫の横に設置しています。シャイニーホワイトを選び、キッチンが華やいだ気がします。電子タイプと比べると不便なところもありますが、レバー式なので停電が来た時も活躍してくれると思います。
匿名さん

エコモードも搭載されているので、電気代も月に680円からです。他のウォーターサーバーと比べると、結構安い方だと思うので大満足ですね。ウォーターパックも女性でも持てる重さなので水の取り換えも比較的楽です。水の取り換えもアタッチメントを取りつけるだけなので、面倒な手間はないのがいいですね。

うるのん スタンダードサーバー

月額料金目安¥3,386~
評価 3.0★★★☆☆
うるのん

天然水RO水ワンウェイ方式

基本情報
水の注文¥2,672〜最低ロット
1箱(2本×12L)
レンタル料¥324〜電気代
¥390〜
初期費用¥0~配送料
¥0〜
メンテ料¥0~解約料
¥10800〜
※配送エリア 全国 ※一部地域除く

うるのん スタンダードサーバーもレバー式なので、停電時でも使えるウォーターサーバーです。水の交換もワンウェイ式なので細菌などがウォーターサーバー内に入り込まない仕様になっています。3年に1回無料の定期交換があるので、使い続けていてもきちんとメンテナンスをしてくれます。

口コミ情報

えれふさん

ウォーターサーバーを設置する時、Standardとグランデのどっちにするか悩みましたが、結局初めてということでスタンダードを選びました。台風被害が多い地域に住んでいるので、毎回停電に悩まされていましたが停電時も使えるのがいいですね。買い替えを検討していましたが、次回もスタンダードにしたいと思います。
匿名さん

災害時でも問題なく使えるタイプにしたかったので、スタンダードを選びました。以前は電子式を使っていたのでやや不便さはありますが、どうしても電子式じゃないとだめというほどではありません。地震も増えてきているので、いざという時に役立つものを選びました。

ウォーターサーバーの導入で備蓄水が用意できる理由

備蓄水としてペットボトルを用意するのではなく、ウォーターサーバーの設置をする人が増えています。なぜ、備蓄水にウォーターサーバーを設置するのでしょうか? こちらではウォーターサーバー導入で備蓄水が用意できる理由について調べました。

毎日使うことでローリングストック法を実践

災害用に用意した飲食物を賞味期限が切れる前に飲み食いをして、新しいものを用意することをローリングストック法と言います。用意していたものを実際に食べることで、被災した時にどうやって食べるのか、工夫ができないのかを知ることができます。

常に災害用の飲食物を用意しておくのではなく、用意して賞味期限が切れる前に食べて、を繰り返すことで無駄のない備蓄ができるのです。

一人あたり1日3Lの水を備蓄すること

被災した時に人間が1日に必要とする水は3Lと言われています。これは飲む量だけではなく、トイレを流す用、身体を拭く用の水も含められています。水=飲むことばかりに意識がいきがちですが、トイレや身体を拭くようの水もきちんと考えておきましょう。

備蓄しやすいウォーターサーバー2選

こちらでは、備蓄しやすいウォーターサーバーを調べました。備蓄をメインで考えている人は、先述したウォーターサーバーではなく、これから紹介するものを検討した方がいいかもしれません。周囲に流されるのではなく、きちんと自分の意思で何が必要なのかを見極めましょう。

サントリー 天然水ウォーターサーバー

月額料金目安¥4,385~
評価 4.6★★★★★
サントリー

天然水ワンウェイ方式

基本情報
水の注文¥3,685〜最低ロット
1箱(3本×7.8L)
レンタル料¥0〜電気代
¥700〜
初期費用¥0~配送料
¥0〜
メンテ料¥0~解約料
¥1年目7,000円/2年目3,000〜
※配送エリア 全国

誰もが知る飲料メーカーのサントリーが展開しているウォーターサーバーです。安全へのこだわりが強くアルプスの天然水本来のおいしさを味わえるのはサントリーだけでしょう。備蓄にも向いていると言われるのは、容器へのこだわりがあるからです。品質、保管、使用後の処理などもしっかり考えられているので備蓄する環境に良いのです。

口コミ情報

匿名さん

ホームページを見て、サントリーに決めました。水や安全へのこだわりが強いこと、ブランド名が大きいことから間違いはないだろうと考えたからです。まだ使い始めて長くはありませんが、使いやすくて毎日使っていますね。ウォーターサーバーがこんなに便利なものだとは思いませんでした。
匿名さん

いざという時のための備蓄としてウォーターサーバーを設置しました。備蓄と言っても普段から使っているので水を溜め込んでいるわけではありません。次の水が届いたら備蓄していたものを使うというスタイルを取っています。

アクアセレクト アクアセレクトライフ

月額料金目安¥3,558~
評価 2.8★★★☆☆
アクアセレクト

天然水回収型リターナブルワンウェイ方式

基本情報
水の注文¥2,958〜最低ロット
1箱(22.7L)
レンタル料¥0〜電気代
¥600〜
初期費用¥0~配送料
¥0〜
メンテ料¥5400~解約料
¥5560〜
※配送エリア 全国

アクアセレクト アクアセレクトライフはインテリアと機能性を備えたデザインウォーターサーバーです。コンパクトなタイプなのでキッチンやリビングに置いても違和感を与えません。なぜ、アクアセレクト アクアセレクトライフが備蓄水に適しているかというと、ウォーターパックが軽量になっているからです。高齢者でも簡単に持てる重さなので、ちょっと備蓄するには最適と言えます。

口コミ情報

匿名さん

スマートなウォーターサーバーがほしくて、アクアセレクト アクアセレクトライフを設置しました。ウォーターパックも軽いので簡単に水の取り換えが出来ますね。比較的リーズナブルなので、この金額なら続けられるかと思ってお願いしました。
匿名さん

赤ちゃんのミルク作りにも使えるということで設置しました。災害なども考えて備蓄水にしていますが、なるべく備蓄水が必要な事態にはなってほしくないですね。軽量パックなので場所も取らず、重くもないので備蓄しやすいメリットがあります。

水の賞味期限が長いボトルの特徴


メーカーによって、水の賞味期限が変わってきます。基本的に水の賞味期限は長いのですが、ウォーターサーバー用にしてあることもあり、賞味期限が短いものもあります。メーカーによって変わってくるので、必ず契約前に水の賞味期限はどの程度なのかを確かめておきましょう。

天然水よりRO水のほうが賞味期限は長い

天然水は未開封で6ヶ月、開封後は2週間程度しか賞味期限がないものもありますが、水道水を原料にしてあるRO水は未開封状態で12ヶ月、開封後は1ヶ月と天然水の2倍の日持ち日数となっています。そのため、備蓄水として適しているのはRO水です。

高温多湿を避けて無臭の場所に保管すること

いくら未開封だとしっても高温多湿を避けて保管しなければいけません。直射日光や高温多湿のところで保管してしまうと、水にビニールの臭いが移ってしまうなど影響が出てしまうからです。臭いが移ったとしても飲めなくはありませんが、ビニール臭い水なんて飲みたくないですよね。せっかくの水で失敗しないためにも、保管場所には気をつけましょう。

水の賞味期限が長いウォーターサーバー2選


備蓄水としてこれからウォーターサーバーを設置する人は、水の賞味期限が長いウォーターサーバーを重視した方がいいでしょう。こちらでは、賞味期限が長いウォーターサーバーを2つ紹介します。

アルピナウォーター

月額料金目安¥3,525~
評価 4.1★★★★☆
アルピナウォーター

RO水リターナブル方式

基本情報
水の注文¥1,953〜最低ロット
1箱(2本×12L)
レンタル料¥572〜電気代
¥1000〜
初期費用¥0~配送料
¥0〜
メンテ料¥0~解約料
¥4762〜
※配送エリア 関東エリア

アルピナウォーターは未開封状態で1年、開封後は3ヶ月と他のウォーターサーバーと比べても、かなり賞味期限が長い特徴を持っています。アルピナウォーターはRO水なので、特に長く持たせられるのでしょう。賞味期限が長いということで備蓄水にするには最高かもしれませんね。

口コミ情報

匿名さん

ウォーターサーバーの掃除はこまめにしないといけないなと思いました。ずぼらな性格だったので、最低限の掃除しかしていなかったのですがちょっと水が匂うようになってしまいました。掃除をしたらすぐに戻ったので、ウォーターサーバーだからと言って掃除を適当にするのは良くないですね。
匿名さん

備蓄水にするために賞味期限が長いウォーターサーバーを選びました。余分に購入して数本備蓄しているのですが、少しずつ備蓄本数を増やしていこうと思います。ただちょっとだけ場所を取るのが難点ですね。

クリクラ

月額料金目安¥3,127~
評価 3.6★★★★☆
クリクラ

RO水リターナブル方式

基本情報
水の注文¥2,604〜最低ロット
1箱(1本×12L)
レンタル料¥0〜電気代
¥523〜
初期費用¥7000~配送料
¥0〜
メンテ料¥5000~解約料
¥0〜
※配送エリア 全国 ※沖縄・離島(一部地域を除く)

クリクラの水の賞味期限は未開封で6ヶ月、開封後は2~4週間程度です。アルピナウォーターの方が賞味期限は長いのですが、クリクラの方が適しているかもしれません。なぜなら、賞味期限が長すぎると「期限が切れる前に入れ替える」ということをうっかりしてしまうからです。クリクラの期間であれば、あまりうっかりもないと思うので備蓄に関しては適した期間と言えます。

口コミ情報

匿名さん

以前災害用の水を購入してて賞味期限を切らしてしまったことがあります。長すぎると防災アイテムを気にかけることさえしなくなるのだなと思いました。そのため、長すぎず短すぎないクリクラのウォーターサーバーを設置することに決めました。今、2回ほど期限が切れる前に入れ替えていますが、私にとってはこの期間が一番良かったようです。
匿名さん

クリクラと聞けば。ウォーターサーバーの中でもかなり知名度が高いところですよね。ネットで水の賞味期限も長いということで決めさせてもらいました。使い勝手もいいので、備蓄水とは別に余分に水を購入して使い続けています。

衝撃を受けても倒れにくいウォーターサーバーの特徴


災害時に求められるのは衝撃を受けても倒れにくいウォーターサーバーです。普段から地震対策をしておくべきですが、スマートタイプであれば余計に地震対策でできない部分が多くでてくるのです。どのようなウォーターサーバーが衝撃を受けても倒れにくいのでしょうか。

ボトルをサーバー下部に設置するタイプがよい

ボトルをサーバーの下側に設置するタイプが倒れにくいと言われています。なぜなら、重いボトルが下側に置かれることで重り代わりになるからです。ボトルが上部に設置されているものほど、ちょっとした揺れでも転倒してしまう可能性があります。

転倒防止ワイヤーがあること

ウォーターサーバーの中には、転倒防止のワイヤーが付属されていることがあります。これはメーカーによって異なるので、必ず付属しているわけではありません。付属していなかった場合はホームセンターなどで似たものを用意することで転倒防止をすることができます。

衝撃に強いウォーターサーバー2選

衝撃に強いウォーターサーバーとして、フレシャスとアクアクララが有名です。こちらでは各ウォーターサーバーがどのような特徴を持っているのかを調べてみました。すると、衝撃に強いと言われる理由がそれぞれにあったのです。

アクアクララ

月額料金目安¥4,200~
評価 4.0★★★★☆
アクアクララ

RO水天然水リターナブル方式

基本情報
水の注文¥2,500〜最低ロット
1箱(2本×12L)
レンタル料¥1000〜電気代
¥700〜
初期費用¥0~配送料
¥0〜
メンテ料¥0~解約料
¥3000〜
※配送エリア 全国

アクアクララのボトルは素材がポリカーボネートで作られていて、丈夫さや劣化のしにくさ、衝撃に対する強さは最高度だと言われています。そのため、学校給食の食器やミキサー、計量カップなどに使われているようです。衝撃に対する強さは恐らくナンバーワンと言っても過言ではないでしょう。

口コミ情報

匿名さん

ボトルが頑丈で、ちょっと持つのが大変です。備蓄水としてはいいのでしょうが、普段使いする時は持ち運びなどで重さがでてくるので大変ですね。一度抱えている時に落としてしまったのですが、びくともしていませんでした。
匿名さん

アクアクララはワンウェイ式ではなく、リターナブルボトルを採用しているため、丈夫さでは安心できるのですが衛生面が少し気になってしまいます。

フレシャス スラット

月額料金目安¥4,222~
評価 4.0★★★★☆
フレシャス

天然水その他方式ワンウェイ方式

基本情報
水の注文¥3,250〜最低ロット
1箱(2本×10L)
レンタル料¥0〜電気代
¥972〜
初期費用¥0~配送料
¥0〜
メンテ料¥0~解約料
¥9000〜
※配送エリア 全国 ※離島除く

フレシャス スラットは衝撃に強いとは言われていますが、なるべくボトルを押さないようになどの注意事項が記載されています。そのため、衝撃面だけで考えるとアクアクララの方が頑丈なのかもしれません。ただ、オールマイティさを求めるのであれば、フレシャス スラットがオススメです。

口コミ情報

匿名さん

ボトル収納が下部なので取り換えが結構楽です。ネットで衝撃に強いとみたのですが、そういった記載はなかったので勘違いだったのかな? どちらにしてもウォーターサーバーとしての機能は最高に気に入っています。
匿名さん

サーバーの音も気にならないので、寝室に設置しています。夜中に喉が渇いた時は助かっていますね。子供にも安心設計なので、ちょっとしたお手伝いとして頼むと喜んで水を注いできてくれます。

まとめ

ウォーターサーバーの選び方として、災害時に使えること、停電時に使えることは外せません。他にも衝撃など重視したい部分はありますが、設置する人によってどの部分を重視するのか変わってくるのではないでしょうか。各メーカー、さまざまなものに対応しているので自分が重視すべきポイントに特化したウォーターサーバーを用意しましょう。