ダスキンのウォーターサーバー「スプラッシュ」って実際にどう?

お掃除サービスの大手、ダスキンもウォーターサーバーを提供しています。
「スプラッシュウォーター」や「ダスキンの天然水『森のひとしずく』」などの呼ばれ方もします。ここでは「ダスキンのウォーターサーバー」という呼び方で解説していきましょう。

ダスキンのウォーターサーバーが特におすすめなのは、こんな人!
・大手企業、ブランドのサービスを受けたい方。
・天然水のウォーターサーバーに興味がある方。
・サーバーの衛生面を重視する方。
・配送が難しい、あるいは宅配水のサービスがあまりないエリアにお住まいの方。

ダスキンにウォーターサーバーのイメージを持つ人は、あまりいないかもしれません。しかし宅配水のサービスはかなり前からおこなっていました。また宅配水の配送エリアとしては、沖縄を含め幅広い地域をカバーしているので、全国にたくさんの利用者がいます。

会社員Aさん

飲みやすいと思います。天然水はクセがあるとも聞きますが、このウォーターサーバーの天然水はまろやかで飲みやすいです。小さな子どもがいるのですが、やっぱりおいしいと言って飲んでくれます。ジュースとかより健康にいいし、大助かりです。

主婦Aさん

すっきりした味わいで、家族もおいしいと言っています。よその天然水だと後に残るようなものがありますが、このお水ではそんなことは感じません。サーバーの種類があるわけではなかったのですが、衛生面やチャイルドロックなどちゃんと配慮してあったので、特に不満はないです。

自営業Aさん

自分でお店をしていることもあり、ダスキンさんとのお付き合いはありました。ちょうど自宅にウォーターサーバーが欲しいなあと思っていた時に、「扱っていますよ」と聞いて、ダスキンが扱うものなら心配ないだろうと思い契約しました。そんな感じだったので天然水とかにそれほどこだわりはありませんでしたが、味はいいです。

味に関する口コミを全般的に見ていると、「まろやか」という評価が多いですね。ダスキンのウォーターサーバーは天然水ですが、あまりクセがなく飲みやすそうです。

ダスキンのウォーターサーバーのおすすめポイント

ダスキンの天然水は、回収式のガロンボトルではなく利用後はゴミとしてそのまま捨てられる水パック。しかしそれでけではない、注目のポイントがあります。

2パック方式で温水と冷水が独立

サーバーから冷水、温水が出せるのは当たり前の機能ですが、ダスキンのウォーターサーバーは本体内に冷水タンク、温水タンクをそれぞれ持っています。これにより冷水、温水の2つをいつでもおいしく取り出すことができます。

それ以外にも、別々のタンクを持つことのメリットがあります。それは経済性です。冷水と温水で電源も別になっています。
たとえば夏はあまり温水は使わないでしょう。その際は温水側の電源を切っておけば、その分の電気代が不要になります。真冬はその逆ですね。冷水の電源を切っておけば、やはり電気代を抑えることができます。節約できる電気代の目安は、下の図を参考にしてみてください。

引用:株式会社ダスキンオフィシャルページ

4段階の温度調整が可能

実はダスキンのウォーターサーバーは冷水、温水という2つだけではありません。冷水で2段階の温度、温水でも2段階の温度設定が可能です。ですから全部で4段階の温度設定が可能というわけです。
確かに真夏で凄く冷たいお水が欲しい時、秋が近くなってそれほど冷えたお水でなくてもいい場合など、必要な温度は変わってきますものね。ダスキンのサーバーはこんな細かい調整ができる、なかなか優秀な機器なのです。

天然水は各地でパック

ダスキンのウォーターサーバーは天然水。しかも複数の採水地からのお水がそろっています。

ダスキンのウォーターサーバーの天然水
・秩父の天然水:人がめったに足を踏み入れない、豊かな自然が残る秩父多摩甲斐国立公園内が採水地。舌ざわりの良さ、すっきりとした喉ごしが特徴。北海道、東北、関東が対象エリア。
・富山の天然水:北アルプスの山々、そこに降りつもった雪から長い年月をかけて生み出された天然水。ほどよい苦みと甘みを、バランスよく持ちます。甲信越、東海、北陸が対象エリア。
・大朝の天然水:北広島、古くから水のふる里として知られる地からの天然水。まろやかさと甘みを持ちます。近畿、中国、四国、九州、沖縄が対象エリア。
・富士山のバナジウム天然水:日本が誇る富士山からはバナジウムたっぷりの天然水を。全国が対象エリア。


引用:株式会社ダスキンオフィシャルページ
富士山のバナジウム天然水以外は対象となるエリアが分かれますが、いずれも特徴があって天然水ファンには興味があるものですね。味はもちろん、含まれるミネラル分についてもそれぞれ違いがあります。

ナチュラルミネラルウォーターが飲める

ミネラル分とは栄養に欠かせないものですが、天然水は含まれる内容や量によっても、違いが出ます。ダスキンが扱う4つの天然水についてもそれぞれ「ナトリウム」「マグネシウム」「カルシウム」「カリウム」の量が違います。富士山の天然水には、これら以外に「バナジウム」も含まれています。

バナジウムって何?
ダスキンのウォーターサーバーに限らず、天然水でバナジウムという言葉を聞くことはよくあるでしょう。このバナジウム、血糖値やコレストロール値を下げるのではないか?ということが言われている注目の成分です。大手メーカーがこうした研究結果を発表したことから、知名度がぐんぐん上昇しているのです。バナジウムは毎日摂取するのが効果的、とされています。ですからお水に含まれていると、とても取りやすいのですね。

またダスキンが扱う天然水は、専門的な分類をすれば「ナチュラルミネラルウォーター」です。ナチュラルミネラルウォーターとはミネラル分が豊富で、かつろ過や沈殿、加熱殺菌以外の化学的な処理をおこなっていないものを指します

分類 特徴
ナチュラルウォーター 特定の水源より採水された地下水
ナチュラルミネラルウォーター 鉱泉水など、天然の二酸化炭素が溶けた発泡性のある地下水で、地層中の無機塩類が溶解したもの。
ミネラルウォーター ナチュラルミネラルウォーターの原水だが、ミネラルの調整を人為的におこなった水

それでは次に、ダスキンのウォーターサーバーであまり評判が良くない内容を紹介しましょう。

事前に確認!ダスキンのウォーターサーバーの費用はやや高め!

ずばり、ダスキンのウォーターサーバーのお値段は高めです。実際に他社との比較表で見てみましょう。

こう見ると、やはり天然水のウォーターサーバーとしてトップクラスで高い値段設定ですね・・・ダスキンというブランド力には惹かれるものの、この点で多くの人がためらってしまうのかもしれません。

ダスキンのウォーターサーバーの口コミ

ダスキンのウォーターサーバーについて、評価する口コミ、評価しない口コミでよく出てくる内容をピックアップして紹介してみましょう。

衛生面が安心

会社員Bさん

ウォーターサーバーには以前から興味がありましたが、一般的にはあまり聞かないメーカーが多いので、そこに不安があり契約まではできませんでした。そんな中でダスキンがあってビックリ。これなら知っているので、申込んでみました。宅配のお水はやっぱりおいしいなあというのが一番の実感ですが、ダスキンのサーバーは衛生面でもしっかりしていたので、安心して使い続けています。

主婦Bさん

浄水器を使っていましたが、よりおいしいお水と家族の健康を考えてウォーターサーバーを入れることにしました。飲むお水を扱うものですから、お掃除をきちんとしないといけないんだろうなあという不安がありましたが、ダスキンのサーバーは衛生面の機能がしっかりしているので楽でした。

ダスキンのサーバーの大きな特徴は、衛生面がしっかりしていること。
温水が定期的に本体内の配水経路を自動循環していく、という機能を採用。これにより冷水タンク内での、雑菌の繁殖が抑制されます。また水パックも外気にふれにくい低臭フィルムの二重構造になっていて、ここでも雑菌が繁殖するのを抑えてくれます。ダスキンのサーバーの衛生面は、口コミにもあるように満足度が高そうですね。

ウォーターサーバーと雑菌について
ウォーターサーバーのイメージとして、「雑菌がたくさんいるんじゃない?」と思うかもしれませんね。残念ながらそれは当たっているようです。東京都や神奈川県でウォーターサーバーの雑菌に関する調査をおこなったことがありますが、掃除をしていないウォーターサーバーからは菌の検出があったようです。ただし健康に害を及ぼすような種類、量ではないということで、そこはひと安心。でもやはり気持ちがいいものではないですね。ですから定期的なメンテナンスサービスをおこなっているメーカーも多くあります。一方でサーバーの衛生機能を強化するメーカーも。ダスキンの場合は後者です。定期メンテナンスは手間や時間がかかるので、それを軽減してご家庭の負担を減らすためです。

水の交換が楽!

自営業Bさん

少しデザインには不満がありましたが、全国対応をしているウォーターサーバーということでダスキンさんと契約。お水があの大きなボトルかなあと思っていましたが、使い捨てができるパックタイプでした。空ボトルを残すのが嫌だったので、これには正直助かりました。

主婦Cさん

どちらかというと天然水を初めに飲みたがっていたのは主人。私は子どもたちのためにもいいんだろうなあとは思いながら、「お水の交換をするの私でしょ・・・」とあまり乗り気ではありませんでした。機械がとにかく苦手なんで、面倒そうだしお水は重いし。でも使ってみると、セットは本当にタンクに入れるだけで簡単でした。またお水も頭の上くらいまで持ち上げるイメージでしたが、実際には胸のあたりまでだったので、重さもそれほど負担にはなりません。

ウォーターサーバーのお水の交換は、一般的には女性がやるケースが多いようです。ダスキンのウォーターサーバーはシンプルな設置方法で、取り換えが簡単。お水も引取り交換が必要なボトルタイプではなく、使い捨てパックなので処分が楽です。
実際のお水の交換方法は、Youtube動画にもありますので参考にしてみてください。

電話対応がいまいち

悪い口コミについても紹介しておきましょう。

会社員Cさん

電話対応がいまいち、というよりも問合せ先がよくわからないというのでまずは苦労しました。営業所で対応なんですが、お水の専門業者でないからか、スムーズな回答ももらえませんでした。

主婦Dさん

お水の味はいいし、交換もわかりやすいのでそんなに問合せをするようなことはありません。でもたまにどうしてもわからなかったり、相談したいことが出てきます。そんな時にダスキンのウォーターサーバーには不満が出ますね。前は別のメーカーを使っていて専用のフリーダイヤルもあったのですが、ダスキンさんの場合は見当たらないので営業所にかけました。対応はしてくれましたが、回答にちょっと時間がかかりすぎな気もします。

確かにダスキンのウォーターサーバーのWebサイトでも、問合せ先はすぐにはわかりません。お水の宅配サービス専門のところであれば専用のコールセンターが当たり前に設置してありますが、大きな会社の1サービスということでこうした専用サポートはやや弱いのかもしれません。

まとめ

ダスキンのウォーターサーバーの主な魅力を、もう一度まとめておきましょう。

ダスキンのウォーターサーバー、その主な魅力
・温水と冷水が別々のボトル。どちらかの電源を切り電気代の節約が可。
・4つの天然水がある。
・全国対応。カバーエリアは宅配水の中でトップクラス。
・高温水がサーバー内を循環、雑菌の繁殖を抑制し衛生的。
・ダスキンという大手企業、知名度が高いブランドが提供。

ダスキンというブランドの安心感は、間違いなくあります。しかし宅配水の専門メーカーより内容、サービス面で劣る点もあるのは事実ですね。
値段が他の天然水サーバーより高いというのについては、このブランド力の高さにも理由があるはずです。
しかし上にあげた以外にも省エネモードやチャイルドロックなど、サーバーに欲しい機能はきちんと付いています。何よりお水の味も評判がいいので、やはりチェックしておくといい天然水サーバーのひとつとはいえます。