ウォーターサーバーNAVI-安心の宅配水比較 > 基礎知識 > ウォーターサーバーの乗り換えは損する?各メーカーの乗り換えキャンペーンを紹介!

ウォーターサーバーの乗り換えは損する?各メーカーの乗り換えキャンペーンを紹介!

ウォーターサーバーを使用している中で費用面や使い勝手、水の味などに不満をもち、他のメーカーに乗り換えようと考えられている方もいらっしゃると思います。
また他のメーカーが行っているキャンペーンを理由に、乗り換えを検討される場合もあるでしょう。
では他のメーカーに乗り換えることで、どれだけの費用が発生するのでしょうか?ここでは現在のメーカーの解約から、他のメーカーへの乗り換えに至る際の費用や条件を紹介していきます。

まずはウォーターサーバーの解約金に注意しよう


実際にウォーターサーバーを契約したのは良いが解約に関する規定をきちんとチェックしなかったがために、後々になって後悔してしまうこともあります。このようなことが無いようにするためにも、解約の規定はきちんと調べ必要な条件や費用について確認しておきましょう。多くのメーカーはウォーターサーバーをレンタルした場合、解約金が必要となります。

下記が主なメーカーの解約金となります。

No 名称 6カ月未満 1年未満
1 アルピナウォーター 5,000円 無料
2 ハワイウォーター 5,000円 無料
3 フレシャス 5,250円 5,250円
4 コスモウォーター 5,250円 5,250円
5 ワンウェイウォーター 5,250円 5,250円
6 オーケンウォーター 5,250円 5,250円
7 TOKAI 5,000円 5,000円
8 富士青龍水 5,250円 5,250円
9 スマイルベビー水 5,250円 5,250円
10 アクアセレクト 5,400円 5,400円
11 クリティア 10,500円 10,500円(※)

(※)2年未満で7,875円、3年未満で5,250円、3年以降は無料

 

ウォーターサーバー乗り換えキャンペーン実施メーカー

 

多くのメーカーで「ウォーターサーバー乗り換えキャンペーン」を実施し、必要な解約金をキャッシュバックしてくれるメーカーが多くあります。下記がウォーターサーバー乗り換えキャンペーン一覧となります。(2017年2月現在)

 

コスモウォーター
他社からコスモウォーターに乗り換えると、もれなく5000円がキャッシュバックされます。
▼コスモウォーターのりかえキャンペーン
http://www.cosmowater.com/campaign/norikae.html

 

フレシャス
他社から乗り換える際の解約金を全額キャッシュバック。
※水代や送料などの手数料は含まれません。
▼フレシャス、ウォーターサーバー乗り換えキャンペーン
http://www.frecious.jp/campaign/norikae/

 

アルピナウォーター
他社から乗り換えると5000円キャッシュバック。さらに通常のウォーターサーバーをご契約の場合、初期費用0円で12リットルボトル4本プレゼント。
※水素水サーバーの場合は、初期費用10,000円(税別)
※web申し込み限定
▼アルピナウォーター、ウォーターサーバー乗り換えキャンペーン
http://www.alpina-water.jp/campaign/norikae.html

 

うるのん
他社から乗り換えると最大8000円キャッシュバック。さらにボトル2本プレゼント。
▼うるのん、ウォーターサーバー乗り換えキャンペーン
https://gs863.ggsv.jp/~w863005/lpa01/

 

サントリー
他社から乗り換えるとJCBギフトカード4000円分+天然水ボックス2箱(7.8リットル/箱)プレゼント
▼サントリー、ウォーターサーバー乗り換えキャンペーン
http://www.suntoryws.com/cp/norikae/?top=fv02

 

プレミアムウォーター
他社から乗り換える際の解約金をキャッシュバック(最大16000円)。
さらにWEB限定で「amazonギフト券4000円分」または「プレミアムウォーターボトル2本」どちらかプレゼント。
▼プレミアムウォーター、ウォーターサーバー乗り換えキャンペーン
https://premium-water.net/cp-info/norikae

 

マーキュロップ
他社から乗り換える際の解約金をキャッシュバック(最大10000円)。
さらに富士山の天然水が2本無料+サーバーレンタル料3ヶ月無料

▼マーキュロップ、ウォーターサーバー乗り換えキャンペーン
https://ssl.mercurop.co.jp/cp14/
 

乗り換え時のワンポイントアドバイス

ウォーターサーバーを乗り換えた後に、水の味やサーバーの使い勝手などで後悔してしまう方もいらっしゃるかと思います。その際はクーリングオフを視野に入れましょう。もし契約後に解約をしたい場合は、契約書のクーリングオフ期間を確認しその期間以内に返品をする必要があります。大抵の場合は契約後1週間以内であることが多くなっています。クーリングオフの期間を過ぎた後に自分都合で解約をする場合は、規約の内容に応じて解約金などが発生してくるので注意しましょう。

 

まとめ

まずは、今契約しているウォーターサーバーの解約条件をしっかり把握しておくようにしましょう。
そしてウォーターサーバー乗り換えの際は、乗り換えキャンペーンの情報も踏まえて総合的に判断するとよいでしょう。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓