ウォーターサーバーNAVI-安心の宅配水比較 > 基礎知識 > 赤ちゃんのミルク作りにおすすめのウォーターサーバーは?選び方や作り方も紹介!

赤ちゃんのミルク作りにおすすめのウォーターサーバーは?選び方や作り方も紹介!

赤ちゃんは内臓が未発達であるため、水を選ばなければ負担をかけてしまうことになります。ではどのような水が赤やんに適しているのでしょうか?ここでは赤ちゃんの水を選ぶ絹うとおすすめの商品を紹介していきます。

ウォーターサーバーならそのまま赤ちゃんのミルクが作れる!

そもそも水道水ではダメなの?

日本の水道水は水質が良いとされていますが、カルキが赤ちゃんの負担となる可能性があります。水を沸騰させることでカルキを抜くことも可能ですが、育児で忙しいママにとっては時間が掛かる作業であるため負担になってしまいます。その点、ウォーターサーバーですといつでも衛生面で安心なお湯や水が出るので、赤ちゃんを待たせることなく安心してミルクの用意が出来ます。ウォーターサーバーは蛇口をひねるだけで、約85度のお湯を素早く出せるこたができるため、赤ちゃんが泣いているのにお湯が沸くのを待つ必要がありません。
水道水に関する詳細はこちら/
 

水の種類は軟水を選ぼう

赤ちゃんは胃腸の働きが弱いため粉ミルクを使う際は、水に気を使う必要があります。赤ちゃんに適している水は「軟水」になり、特に不純物のない「天然水」がお勧めです。
ウォーターサーバーの水は天然水の他にRO水がありますが、RO水はある独特な方式によって不純な物質を取り除く方法で、必要な成分も取り除かれてしまっていたり人工的な成分が追加されている可能性があります。ただし、RO水の硬度は基本的に0の純水となるため赤ちゃんに飲ませても問題ないと言われています。
基本的には天然水よりもRO水のほうが価格が安いため、価格を重視するならRO水、とにかく安全性にこだわるのであれば天然水を選ぶとよういでしょう。また水が軟水であるためには、硬度が0~100と決まっていますが、赤ちゃん適した軟水は硬度が20~60前後とされています。
軟水と硬水の違い詳細はこちら/
 

沸騰させたほうが安心?

念のためウォーターサーバーの水でも一度沸騰させてから赤ちゃんのミルクを作る方がいらっしゃるようですが、基本的に沸騰させる必要はありません。天然水はたとえば富士山の湧き水のように、特定の採水地から採水した水を加工を全くしない状態かもしくは加熱処理をして殺菌した状態で供給しており、原水が特定の地下水であるため安全性が高くなっています。

 

ウォーターサーバーの汚れには要注意を

ウォーターサーバーの水がいくら安全であっても、サーバーの汚れには注意しなければなりません。
水宅配のウォーターサーバーはボトルの差し込み口や、ボトルの中で雑菌が繁殖する恐れがあります。空気中に漂っている浮遊菌が混入しボトル内部で雑菌が繁殖してしまうのです。
ウォーターサーバーのボトルは、大きく分けて2つのタイプがあります。ひとつは従来からあるガロンタイプ、もうひとつはペット樹脂のフィルム容器タイプです。古くからあるガロンタイプは内部の水を使用すると、その分だけ空気がボコボコとボトルの中に入ります。そのため、空気中の雑菌が水の中に混入してしまうのです。
RO水の場合は栄養となるミネラル分があまり含まれていないので、湿気はあっても雑菌が繁殖しにくくなっていますが、天然水の場合は気をつけなければなりません。
近年はウォーターサーバーにフィルターが設置されておりフィルターが雑菌の侵入を防いでくれます。このようなタイプのウォーターサーバーであれば雑菌の心配は少なくなります。ただし、ボトルの差し込み口やコックの穴の中など、自分たちでメンテナンスできるところは定期的に掃除して常に清潔に保つ必要があります。

 

ウォーターサーバーでのミルク作り方


ウォーターサーバーでのミルクの作り方は非常に簡単で1分掛かからないほどで完成します。
哺乳瓶と粉ミルクを用意したら以下の3ステップで完成です。

 

  • ①哺乳瓶にお湯を注いで振りながら粉ミルクを溶かす。
  • ②粉ミルクが溶けたら冷水で温度調節。目安は人肌と同じくらいの温度です。
  • ③乳首部分をセッティングして完成!

 

水質から見る、赤ちゃんのミルク作りに適したメーカーは?


 

サントリー天然水の水

南アルプスで採水されているサントリーの天然水は硬度30の超軟水であり、ミネラルが程よいバランスで含まれています。安全面も「微生物検査」「官能検査」「化学検査」などントリー独自の約200項目の点検を行っているので非常に安心です。
クリクラの詳細はこちら/
 

アルピナ8の水

アルピナ8の水は硬度1の超軟水であり、非常に赤ちゃんに適した水になります。
長野県を水源とした天然水を、1000分の1のミクロンという分子レベルの細かいRO膜フィルターを通してつくられたRO水となります。99.9%の不純物が取り除かれており、他社ではないほどのピュアウォーターとなります。天然水には少なからずミネラルが含まれており、このミネラルが胃腸の弱い赤ちゃんにとって負担になる可能性もあるため、アルピナ8の水ではミネラルも取り除かれています。
アルピナ8の詳細はこちら/
 

クリティアの水

モンドセレクション金賞を連続受賞しているクリティアの水は、美味しいだけではなく安全性も保証されているため調乳用のお湯にもぴったりです。天然水を扱っているウォーターサーバーはたくさんありますが、実は天然水の安全基準はそう厳しくありません。
会社によっては不純物を徹底的にろ過しているROウォーターの安全性の方が高いぐらい、天然水の品質は各社の衛生観念や衛生システムに委ねられます。
水の安全性は微妙な問題で素人が見ただけや飲んだだけでは正確にジャッジできません。なのでクリティアのように味覚と品質に関して、第三者機関からお墨付きを貰っている会社だと安心です。
クリティアはモンドセレクション他、国際味覚審査機構iTQiからも最高ランクの優秀味覚賞3つ星を与えられています。
クリティアの水は美味しさと安全性にこだわり味を損ねない非加熱式のろ過処理で殺菌、除去を行っています。原水を3種類のフィルターに4回も通し、ミネラルを保ちながらも余計な不純物が取り除かれている最高品質の水に仕上げています。放射線検査の他、毎日十数回も微生物検査、官能検査、理化学検査を行い、安全性の確保に努めている点も大きな安心要素です。
内臓機能が発達しきっていない赤ちゃんにあげるお水として、これ程安心感の強いお水はそうそうありません。
クリクラの詳細はこちら/
 

まとめ

赤ちゃんの体はとても敏感であるため、赤ちゃんのいるご家庭ではどうしても粉ミルクに使う水が水道水であることに抵抗を感じている方が多いようです。各メーカー赤ちゃんに適した水を販売されているため、上記で記載したことに注意しながら選んでみてください。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓