ウォーターサーバーNAVI-安心の宅配水比較 > 基礎知識 > 浄水器とウォーターサーバーはどっちがいい?徹底比較!

浄水器とウォーターサーバーはどっちがいい?徹底比較!

新築を建てるタイミングや子供が生まれるタイミングでよく「飲料水をどうするか?」を悩まれる方が多いようです。水道水は安全とは言われているものの、多少なりとも不純物が含まれているため、体の健康を考えた場合浄水器やウォーターサーバーの水を飲料水としたほうがよいでしょう。
では浄水器とウォーターサーバーではどのような違いがあるのでしょうか?ここでは両者の違いを細かく比較していきます。

水のクオリティ比較

水のクオリティに関してはウォーターサーバーの方が高くなっています。ウォーターサーバーの水は不純物や化合物がなく、とても安心できる水である一方、浄水器の水は水道水をろ過して使用するためにある程度の不純物が残ってしまう可能性があります。
では、ウォーターサーバーと浄水器、それぞれの水の特徴を詳しく見ていきましょう。

ウォーターサーバーの水

 

ウォーターサーバーの水は大きく分けて「天然水」と「RO水」の2種類があります。
天然水はその名の通り「天然の水」であり、厳選された採水値から汲み上げられた水となります。汲み上げられた水に加熱殺菌や二酸化炭素の注入などの処理は行っておらず、人工的な加工は必要最小限におさえられています。
採水地で有名な場所として富士山や南アルプス山脈があげられますが、いずれも地下深くから汲み上げられ天然のミネラルが含まれた美味しい水になります。また日本で採水される天然水は水の硬度が低い軟水であり、飲むと軟らかな喉越しとなっています。
一方でRO水は「RO膜処理」を利用して加工を行っている水となります。RO膜処理とは0.0001ミクロンというとても細かいフィルターを用いて水をろ過しているため、不純物や細菌、貴金属などを取り除きます。純粋に近い状態の水となっておりミネラルなども取り除きます。従ってRO水の中には、加工後にミネラルなどの栄養素を加えている水もあります。天然水、RO水いずれにしても不純物や化合物が入っておらず、とても安全な水といえます。

 

浄水器の水

 

浄水器の水はフィルターやセラミックを使ってろ過することによって塩素などの化合物を除去した水となります。
日本の水道水は厚生労働局が設ける51の検査項目をクリアしなければならない規定を設けています。例えば「大腸菌は全く検出されないこと」「残留塩素は1mg/L以下であること」「亜硝酸態窒素は0.04mg/L以下」であることなどの項目で、これらを全てクリアすることで人の健康に影響が及ばないレベルでの管理が徹底されています。
しかし、水道水を安全に保つために様々な化合物(殺菌を目的にした塩素など)が混入されており、これらは健康上問題ではないが少なからず人体の害になるものです。
これら化合物の除去を目的にしたのが浄水器であり、いくつかの方法で除去が行われています。

活性炭フィルタ
活性炭には小さな細孔が無数にあり、これらの細孔で水道水に含まれる微粒子をキャッチします。通常の活性炭を加熱処理することで細孔がより細かくなり微粒子の引力が増します。一度細孔でキャッチされた微粒子は毛管現象という現象により再び出られなくなります。
RO膜フィルタ
RO膜と呼ばれる細かいフィルターを用いて水をろ過し、不純物の濃度が高い水と不純物の入っていない水に分離する仕組みになります。ウォーターサーバーの水もこの方法により不純物を取り除いているものがあります。
このRO膜には0.5~2ナノメートル程度の大きさの穴があり、フィルタを通った水からはウィルスや病原菌がきれいに除去されるため有害物質の除去には非常に効果的な仕組みとなります。

中空糸フィルタ
とても小さなストロー状のポリエチレン繊維を束ねて構成されているフィルタになり、ストローには小さな細孔が無数に開いています。原理は活性炭フィルタと同様になりますが、ストロー状の繊維が束になっていることより微粒子をキャッチする面積が広いことが特徴です。

いずれの方法でもある程度の有害物質を取り除くことが可能ですが、全ての物質を取り除けるわけではありません。また、フィルタ内に不純物がどんどん蓄積されることになるため、一定期間で交換をしなければ、これらの不純物を取り除くことはできないため注意が必要です。メーカーやフィルタの仕組みにもよりますが、フィルタの交換(カートリッジの交換)に関しては数ヶ月に1度のものから数年に1度のものまで様々です。

以上のようにウォーターサーバーの水と浄水器の水とでは、水のクオリティに違いが出てきます。
赤ちゃんのミルクや離乳食作りのため水を利用するなど、水のクオリティを重視するのであればウォーターサーバーの水を選択されることをおすすめします。

 

水の費用比較

水の費用に関しては浄水器の方が安くなります。
もちろんメーカーによって異なりますが、だいたいの目安は下記の通りです。(一般的に多い価格帯で比較)

ウォーターサーバーの費用

■初期費用:0円
■水代:3,000円~6,000円
■サーバーレンタル代:1,000円前後
■電気代:1,000円前後
※年間費用:60,000円~96,000円

 

浄水器(蛇口直結型)の費用

■初期費用:2,000円~4,000円
■カートリッジ交換費用:2,000~5,000円/2~5ヶ月
※年間費用:8,000円~34,000円

 

その他浄水器とウォーターサーバーのメリデメ

上記で比較した「水のクオリティ」と「価格」以外にも両者には様々な違いがあります。ウォーターサーバーと浄水器それぞれのメリットデメリットを記載していきます。

ウォーターサーバーのメリット

■水のクオリティが高い
■温水をすぐに出せる
■災害時に役立つ
■部屋のオシャレなインテリアになる

ウォーターサーバーのデメリット

■浄水器に比べると費用が高い
■設置スペースが必要
■宅配の水なので受け取りが手間

 

浄水器のメリット

■低価格
■場所をとらない
■いつでも大量の水をつかえる

浄水器のデメリット

■ウォーターサーバーに比べると水のクオリティが低い
■お手入れが大変(カートリッジを定期的に掃除しないとカビることもあるよう)

といった感じです。
ご家庭に赤ちゃんがいるたり、とにかくハイクオリティの水を飲みたいといわれる場合はウォーターサーバーがおすすめです。一方で、費用を重視しある程度のクオリティの水で問題ないのであれば浄水器で問題ありません。上記に述べたことを参考に、是非検討してみてください。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓