ウォーターサーバーNAVI-安心の宅配水比較 > 基礎知識 > ウォーターサーバーの美容効果を解説!

ウォーターサーバーの美容効果を解説!

最近では、老若男女を問わず美容に強い興味関心を持つ方が増えてきました。巷の美容雑誌を良く見てみると、ダイエットにどのように向き合っていくかとか、いかにしてアンチエイジングの対策を打っていくかといった、いわゆるノウハウやテクニックが至るところに転がっています。もちろん、これらのノウハウやテクニックがいけないというわけではないですが、それだけでは意味を成しません。というのも、こういった対策に関しては表面的なことではなく根本的に解決をする必要があります。
では美容に効果的で、なお且つ美容の本質となるものは何でしょうか。それこそが水です。もちろん、水であれば何でも良いのではなく、質の高い水でないといけません。私たちの体は水から出来上がっているため、体内に十分な水分を提供してあげることが私たちには求められるのです。もし水が足りないと、肌が乾燥した状態になってしまうため、脂肪燃焼も上手くできずダイエット対策も無駄になってしまいます。だからこそ、水の活用が欠かせないのです。

 

どのような水が美容に効果があるの?


下記はウォーターサーバーの一部メーカー別に水の成分を比較した表になります。

製品名 水種別 硬度(mg/l) pH カルシウム(mg) マグネシウム(mg) ナトリウム(mg) カリウム(mg) バナジウム(μg)
コスモウォーター 富士の響き 68 7.7 1.9 0.52 2.1 0.36 5.8
コスモウォーター 日田の誉 62 7.8 1.66 0.48 4.88 0.8
コスモウォーター 古都の天然水 30 6.9 0.8 0.16 0.97 0.05
アルピナウォーター 1 6.7 ~0.2 ~0.1 ~0.6 ~0.1
さくらウォーター 阿蘇の天然水 88 8.1 22 8 10 5
さくらウォーター 富士のまごころ 53 7.8 13 5.1 4.4 1.5 44
アクアセレクト 30 8.2 100 1 43 0.7
ウォーターワン 25 8.3 6.4 2.2 6.8 1.2 91
スマイルベビー水 40 8.2~8.4 18 0.04 24 0.4
TOKAIおいしい水の宅配便 82 8.5 15 11 80 2.9
ハワイウォーター 1.05 中性 0 0 0.56 0
ダスキン 大朝の天然水 12 7.1 4 0.5 7.3 0.6
ダスキン 富山の天然水 32 7 9 2.4 15.1 1.2
ダスキン 秩父の天然水 99 7.6 37.3 1.5 3.3 0.6

では、それぞれの成分の効果を解説していきます。

■カルシウム

カルシウムは、数多くある成分の中でも積極的に摂取するべき成分です。カルシウムの摂取は老若男女を問わず必要不可欠であるにも関わらず、理想の量のカルシウムの摂取されていない状況です。カルシウムを1日に600ミリグラムを摂取するのが理想なのですが、実際はこの数値を下回っていることが多いのです。カルシウムが多めに配合されている水としては硬水であることが多いですが、この硬水を上手く活用することも、必要なカルシウムの摂取を上手く行なうことが出来るので是非とも活用したいところです。

■マグネシウム

マグネシウムを摂取することによって、カルシウムに良い影響をもたらしてくれます。カルシウムが私たちに必要不可欠であることは非常に有名な話ですが、このカルシウムは単体で働いているのではなく、マグネシウムの存在によって成り立っているのです。マグネシウムは、名前から想像ができるように磁石のような働きがあり、カルシウムを上手く吸収してくれるのです。理想を言えば、カルシウムの2分の1もしくは3分の1の量のマグネシウムを摂取するのが良いと言われています。そうすることによって、カルシウムを上手く摂取することに繋がっていくので、健康的な体が出来上がっていきます。

■ナトリウム

ナトリウムにより私たちの体に必要な塩分が摂取できます。私たちの普段の生活でも塩分を摂取することができますが、この塩分が欠けてしまうと、いつもは感じることのない疲労感を感じるようになります。

■カリウム

カリウムはむくみを予防・解消する効果があります。また血圧の維持に非常に重要な成分です。ナトリウムを過剰に摂取することを防ぐためには、カリウムを正しく摂取することが欠かせません。カリウムとナトリウムどちらかが優勢の状態になるよりは、双方がバランスを取ることによって、体の状態が理想的になるのです。これをきちんと行なうことによって、体内の筋肉の働きも正常になり、運動機能も冴えるようになります。

■バナジウム

近年注目されているミネラル成分の一つがバナジウムです。バナジウムは鉱物の一つであり、近年体内に摂取されることによってインスリンと同じような働きをすることが研究によって判明しました。インスリンは体内の血糖値を下げる効果があり、糖尿病の予防やダイエットには欠かせない物質であるとされています。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓