ウォーターサーバーNAVI-安心の宅配水比較 > 水について > RO水と天然水の違いを徹底比較!あなたはどちらを選ぶ?

RO水と天然水の違いを徹底比較!あなたはどちらを選ぶ?

ウォーターサーバーの水の殆どはRO水か天然水が使用されています。ではRO水と天然水はどのような違いがあるのでしょうか?両水を比較して、それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

RO水を知ろう

RO水とは

RO水とは、逆浸透膜という特殊な膜を使い水をろ過している水のことをいいます。「ろ過をするとどういった効果があるの?」と思われる方もいると思いますが、逆浸透膜を利用することで水に含まれている不要物や不純物などを摂り除くことが出来ます。これだけではなく、殺菌や放射性物質、環境ホルモンなども取り除くことが出来きます。これらの物質は、私たちの身体にとって悪影響を及ぼすため事前にこれらをしっかりと摂り除いているというのはとても安心です。

 

RO水のメリット

上記で説明した通り、RO水は不純物が含まれないためとても安心ということがメリットになります。
また、湧き水を採水する天然水に比べてコストが掛からないために、基本的には天然水よりも安くなっています。

 

RO水のデメリット

RO水のもとは水道水を使用する場合が多く、ろ過により不純物を取り除きます。そのろ過されたお水は純水と言われますが、水を美味しいとかんじるカルシウム、バナジウム、マグネシウム、カリウムなども取り除かれるため、味がイマイチと感じる方もいらっしゃるようです。
そのため、メーカーによってはろ過後にわざわざミネラルを追加する場合もあるようです。
 

RO水を使用しているウォーターサーバーメーカーを紹介

RO水を利用しているウォーターサーバーメーカーのうちおすすめメーカーを紹介します。※コスモウォーターはRO水と天然水の両方を扱っています。
 


コスモウォーター


ハワイアンウォーター


クリクラ


アクアクララ


アルピナウォーター


アルピナ8

 

天然水を知ろう

天然水とは

天然水とは、富士山の湧き水のように特定の採水地から採水した水を加工を全くしない状態か、もしくは加熱処理をして殺菌した状態で供給する水のことを言います。天然水の代名詞としてミネラルウォーターという言葉が使用されていますが、その名の通り多くの天然水はミネラルを多く含んでいるという特徴があります。多くの人はミネラルを含んだ水と聞くと栄養価という面でも優れた品質を持っているものであると考えるかもしれません。しかし天然水に含まれているミネラルは食品に含まれているミネラルほど大きな影響を与えるものではないため、水から栄養素を摂取しようという考えはあまり実用的なものではありません。それよりもこのミネラルが味をおいしく感じさせてくれます。よりミネラルを多く含んだおいしい水を飲みたいと考えられる場合は、天然水をおすすめします。

 

天然水のメリット

自然のミネラル分やその他成分をそのまま含んでおり味がおいしいと感じることがメリットで、天然水を飲み続けることで美容や健康にも良いと言われています。
また、赤ちゃんに適しているのも天然水(軟水)になります。RO水は先にも述べた通り、味を調整するために後から人工的にミネラルなどの成分を追加する場合があり、赤ちゃんの胃腸に負担をかけてしまう場合もあるようです。

 

天然水のデメリット

天然水のデメリットは特定の採水地から採水するために費用面がRO水に比べて若干高くなってしまうところです。
また採水地によって成分が若干異なるために、味が違うと感じることもあります。

 

天然水を使用しているウォーターサーバーメーカーを紹介

天然水を利用しているウォーターサーバーメーカーのうちおすすめメーカーを紹介します。※コスモウォーターは天然水とRO水の両方を扱っています。

 


プレミアムウォーター


フレシャス


コスモウォーター


クリクラミオ


サントリー


富士おいしい水

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓